鉄道投稿情報局

【北陸鉄道】石川線に新駅「陽羽里(ひばり)」完成

その他私鉄 2015.03.09
宮島昌之(石川県)
20150309182931-8c21d446bfc5cb50f4e9d45af3bb39c86dc2cb23.jpg

駅舎と駅前広場完成を祝い式典が執り行われた。
‘15.3.8 北陸鉄道石川線 陽羽里

20150309183238-0449d73cbd80e7d26d58f01e42f401f1c1be5673.jpg
記念の臨時列車も運転。駅開業をPRするヘッドマークを掲出。
‘15.3.8 北陸鉄道石川線 陽羽里

20150309183339-c8c585f09d6a6596c0ed2c7247fb6c76b72f8dc3.jpg
構造は1面1線で見晴らしの良い小さな待合室がある。(係員立会いのもと撮影)
‘15.3.8 北陸鉄道石川線 陽羽里

20150309183500-c42fbcebbf59d75827fd9479bb9b1bfb5eee2521.jpg
陽羽里駅の真新しい駅名標。
‘15.3.8 北陸鉄道石川線 陽羽里
 北陸鉄道石川線では3月14日のダイヤ改正にあわせ、四十万~曽谷間に新駅「陽羽里(ひばり)」を開業する。それに先立ち3月8日に、同駅にて「北陸鉄道新駅陽羽里駅完成式典」が執り行われ、駅舎と駅前広場の工事完成を祝した。式典の最後には陽羽里駅に記念列車が到着、来賓など関係者を乗せ道法寺駅へ向け発車した。

 陽羽里駅は、「白山市曽谷町土地区画整理事業」に伴い整備される住宅団地(愛称:陽羽里)の最寄駅として設けられ、北陸鉄道の会社創立以来初めての新駅開業となる。駅構造は1面1線の無人駅で、ホームには待合室や駅前広場に下りるバリアフリーに配慮したスロープが設けられたほか、駅前広場にはロータリーや駐輪場も整備されている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加