鉄道投稿情報局

【万葉線】LH02形”Hi-tram”の実証試験運転始まる

その他私鉄 2014.07.22
宮島昌之(石川県)
2014_07_21_miyajima_masayuki001.jpg

万葉線の未来の姿を占う実証試験が始まった。
‘14.7.21 万葉線高岡軌道線 高岡駅―末広町
 万葉線では、7月21日よりハイブリッドLRVの試験車輌、LH02形”Hi-tram”(ハイ! トラム)を使用した実証試験運転が開始された。初日は、米島口~高岡駅間を往復し、往路は架線集電で、復路はパンタグラフを下げて車載バッテリーにて走行した。
高岡駅では来賓出席のもとオープニングセレモニーが執り行われたほか、本社車庫では「万葉線電車フェスタ」が開催され、人気車輌と並べてLH02形の展示や車内見学も行われた。この実証試験は、環境にやさしい公共交通の実現を目的に、沿線自治体などでつくる「ハイブリッドトラム実走事業実行委員会」が主導して行われるもので、7月22日~8月13日の期間には、高岡、射水両市の公募による一般向け試乗会も予定されている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加