鉄道投稿情報局

【JR東】GWの189系臨時特急の話題

JR東日本 2014.05.13
齋藤大暉(千葉県)
2014_05_03_saitou_daiki001.jpg

かつてのM8編成を思わせるような姿での運転となった〈あずさ81号〉。
‘14.5.3 中央本線 長坂―小淵沢

2014_05_04_saitou_daiki001.jpg
明るい時間帯の運転は初となった旧あずさ色の189系による〈かいじ180号〉。
‘14.5.4 中央本線 塩山―勝沼ぶどう郷
 4月26日~5月6日にかけて189系による臨時特急〈あずさ〉〈かいじ〉が複数運転された。連休後半には特に多くの臨時特急が運転されたが、なかでも今回は豊田車両センター所属で唯一の旧あずさ色として残るM50編成や特急シンボルマーク、国鉄特急色で〈あずさ〉〈かいじ〉の絵幕が掲出できる長野車両センター所属のN101編成が充当され注目を集め、2002年に〈あずさ〉〈かいじ〉から183・9系が撤退して以来の光景を見ることができた。なお、旧あずさ色編成を使用した〈かいじ〉が明るい時間帯に運転されるのも定期運用撤退以降では初となった模様だ。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加