鉄道投稿情報局

【JR西】475系A06編成と457系A13編成(国鉄急行色)が運用離脱

JR西日本 2014.03.27
宮島昌之(石川県)
2014_03_24_miyajima_masayuki001.jpg

屋外留置された急行型車輌。(写真手前より、A06+A13)。
‘14.3.24 金沢総合車両所(敷地外公道より撮影)
 金沢総合車両所所属の475系A06編成(北陸色、シールドビーム化)と457系A13編成(国鉄急行色)の6連が、2014年3月24日(月)午前中までに、金沢総合車両所松任本所に入場した。普段の検査等の状況とは違い、6連による入場で工場棟建屋には入らず屋外留置されていたことから、運用から離脱したものと思われる。そのうち国鉄急行色A13編成は、春のダイヤ改正後も、423Mや426Mなど定期運用に就いており、前日にも沿線で多くのレイル・ファンが撮影をしていた。所定の検査サイクルでは、A06編成は昨年末から今年早々に2回目の重要部検査の時期を迎えており、またA13編成は昨年2013年9月下旬に同所にて車体外装を「国鉄急行色」に塗り替えたが、既報の通り同時に作業をするとみられていた検査(クハ車は2回目の重要部検査、モハ車とクモハ車は全般検査)を受けず出場している。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加