鉄道投稿情報局

【JR東】24系団体臨時列車〈越後〉運転

JR東日本 2013.12.09
天本 翼(神奈川県)
2013_12_07_amamoto_tsubasa001.jpg

舞い散る雪の中、越後湯沢で出発の時を待つ。
‘13.12.7 上越線 越後湯沢 P:天本 翼

2013_12_07_handa_souichirou001.jpg
雪が降りしきる国境をゆく。
‘13.12.7 上越線 土樽―土合 P:半田創一郎

2013_12_07_iwakata_kouichi002.jpg

〈エルム〉風のHMがついたEF64 38(高)が先頭の復路。
‘13.12.7 上越線 水上―上牧 P:岩片浩一
 12月7日(土)、青森車両センター所属の24系寝台客車9輌を使用した団体臨時列車〈越後〉が大宮~越後湯沢間で運転された。今回は全区間プッシュプルでの運転となり、大宮→越後湯沢間は田端運転所所属のEF81 95のプッシュプル、越後湯沢→大宮間は高崎車両センター高崎支所所属のEF64 38のプッシュプル運転となった。また、EF81 95には〈新雪〉風のヘッドマークが掲出され、EF64 38には〈エルム〉風のヘッドマークが掲出された。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加