鉄道投稿情報局

【JR東】ブルートレイン〈ゆうづる〉号運転

JR東日本 2013.12.03
武内 智(東京都)
2013_11_30_takeuchi_tomo001.jpg

夕暮れの紅葉の中、25年ぶりに常磐線を走る〈ゆうづる〉号。
‘13.11.30 常磐線 泉―植田 P:武内 智

2013_11_30_kamikubo_akira001.jpg

懐かしい常磐線を行くブルートレイン〈ゆうづる〉。
‘13.11.30 常磐線 内郷―湯本 P:上久保彰

2013_11_30_tai_nao001.jpg
夕陽を浴びて輝く〈ゆうづる〉号。
‘13.11.30 常磐線 泉―湯本 P:田井 直

2013_12_01_matsuda_nobuhiko002.jpg
客扱い終了後函館へ向かう。
‘13.12.1 江差線 釜谷―渡島当別 P:松田信彦

2013_12_01_niwa_takuya001.jpg
小雪がきらつく中力走する〈ゆうづる〉。
‘13.12.1 江差線 釜谷―渡島当別 P:丹羽拓也
 11月30日(土)から12月1日(日)にかけて、青森車両センター所属の24系6輌を使用した団体臨時列車がいわき~木古内間(常磐線、水戸線、東北本線、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道、津軽線、津軽海峡線経由、回送で函館まで)運転された。これは〈ひたち号〉運転開始50周年にあわせ、「ブルートレイン『ゆうづる』号で行く函館・江差線の旅」が開催されたもの。いわき~青森間は青森車両センター所属のEF81 137が、青森~函館間はED79 14がそれぞれヘッドマークを付けて牽引した。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加