鉄道投稿情報局

【JR貨】DD51形牽引の石北本線臨時貨物列車近況

JR貨物 2013.09.17
原田敬司(兵庫県)
2013_09_09_harada_keiji001.jpg

白滝発祥の地を行くDD51 1089+DD51 1162。
‘13.9.9 石北本線 旧白滝―下白滝

2013_09_09_harada_keiji002.jpg
常紋峠に響くエキゾーストノートDD51 1162+1089号機。
‘13.9.9 石北本線 生田原―常紋(信)

2013_09_11_harada_keiji001.jpg
峠越えを終えた8071列車DD51 1150+1162号機。
‘13.9.11 石北本線 金華―西留辺蘂
 存続が危ぶまれている石北本線臨時貨物(夏~翌春)は、今年も1日1往復が札幌貨物ターミナル~北見間で運転されている。牽引機は鷲別機関区所属のDD51B更新工事機でエンジン換装、赤色とねずみ色のDF200形に準じた塗装になっている。最近では1089、1150、1162の3機が3日周期の組み合わせでプッシュプル運用されている。引き続き列車運行の是非は検討されているようであり、DF200形の試験運行もあったことから北見峠、常紋峠を走るDD51形プッシュプル運転の貨物列車は記録に残る貴重なシーンとなるであろう。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加