鉄道投稿情報局

【小松市】「尾小屋鉱山電車線」一周運転

その他 2013.08.30
宮島昌之(石川県)
2013_08_25_miyajima_masayuki001.jpg

キハ3やハフ1の体験乗車も合わせて行われた。
‘13.8.24 石川県小松市 小松市立ポッポ汽車展示館

2013_08_25_miyajima_masayuki002.jpg
駐車場に設けられた軌匡を走行する鉱山電車。
‘13.8.24 石川県小松市 小松市立ポッポ汽車展示館
 石川県小松市にある「小松市立ポッポ汽車展示館」では、「なつかしの尾小屋鉄道を守る会」有志の手により、尾小屋鉄道全盛期に尾小屋鉱山で鉱石の運搬を担った、かつての「鉱山電車」を再現した、「尾小屋鉱山電車線」の体験乗車イベントを、冬季を除き月1回のペースで開催している。この度、軌道延長工事により同展示館の周囲をグルっと一周する軌道が完成し、2013年8月24日(土)に、お披露目を兼ねた体験乗車イベントが行われ、多くの家族連れやレイル・ファンで賑わった。同線は2011年8月に開通、当初は展示館周辺の土地に、平仮名の「し」に似た形で単線の軌道を敷設し往復運転を行っていたが、新たに建物正面の駐車場部分に軌匡区間を設けるなど未設区間での軌道延長工事を実施、ついに一周運転が実現したもの。この他にも開通から2年の間に、鉱山電車乗り場の横に機回し線が設けられたほか、バッテリー機関車も3輌体制と充実し、さらに鋼製のトロッコも登場するなど、大きな変化を遂げていた。この日は、合わせてキハ3(塗装は遠州鉄道旧奥山線在籍当時のキハ1803を再現したマルーン系の色)、ハフ1(客車)の体験乗車も行われたほか、さらに特別にライトアップによる「夜間撮影会」や鉱山電車の夜間運転も行われた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加