鉄道投稿情報局

【JR東】秋田新幹線で異常時訓練を実施

JR東日本 2013.07.31
河澄拓哉(栃木県)
2013_07_26_kawasumi_takuya001.jpg

緊張感の漂う中、E3系R16編成とE6系Z7編成の連結が行われる。
‘13.7.26 田沢湖線 和田―羽後境
 JR秋田支社では秋田新幹線において異常時を想定した訓練が行われた。25日深夜から26日未明に駆けて本番さながらに駅間の本線上にE6系を停車させ、E3系を救援車輌として連結させて退行運転させるという流れで行われた。本来あってはならない異常事態の時に迅速に行動出来るよう各線区で行われている訓練だが、今回秋田新幹線では初の新旧こまち同士の組み合わせが実現し、取材に訪れた報道記者からも注目を集めた。当日は荒天候の中での実施となり作業には難儀を強いられたが万一の事態に備え訓練に挑んでいた社員の方々の姿は圧巻であった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加