鉄道投稿情報局

【のと鉄道】急行〈ゆのさぎ〉(緒花見列車)運転

その他私鉄 2013.04.23
宮島昌之(石川県)
2013_04_21_miyajima_masayuki001.jpg

「鉄道遊走」有志利用の貸切列車が、愛称”能登さくら駅”に到着。桜の見頃にギリギリ間に合った”緒花見列車”。
‘13.4.21 のと鉄道七尾線 能登鹿島
 2013年4月20日(土)および21日(日)、のと鉄道七尾線で、能登鹿島駅など沿線の桜の満開を記念して、劇場版も公開中の人気アニメ”花咲くいろは”の新旧ラッピング車輌を使用した、急行〈ゆのさぎ〉(緒花見列車)が運転された。これは、「鉄道遊走」有志一同と、「春ののと鉄道を貸し切って遊ぼう」有志一同(21日の4号・3号往復のみ)が準備を進めていた貸切列車企画として、のと鉄道協力のもと運転したもので、過去歴代の急行〈ゆのさぎ〉運転の際に掲出されたヘッドマークや、新デザイン初掲出のヘッドマークなど、列車毎に換えて掲出された。両日共に穴水―七尾間を3往復運転したが、なかでも20日は全3往復が一般利用客に無料で開放され、同アニメキャラクターによる車内アナウンスやヘッドマークの展示、乗車記念品の配布、さらに夜にも「ぼんぼり」の明かりに映える能登鹿島駅の桜を楽しんでもらおうと、”夜桜緒花見列車”と題した運転も行われた。使用車輌は、20日の6号・5号と8号・7号(夜桜)各往復が、穴水方よりNT201(”花咲くいろは”ラッピング) + NT202(”花咲くいろは HOME SWEET HOME”ラッピング)の新旧ラッピング2連、その他は全てNT201(”花咲くいろは”ラッピング)で、各車輌ごとにオリジナルサボも掲出された。一方、同アニメに登場する”湯乃鷺駅”のモデルとなった西岸駅では、両日限定で駅舎の看板および、駅ホームに掲示されている駅名標など、全て”湯乃鷺(ゆのさぎ)”標記に架け替え、リアルに”湯乃鷺駅”が再現されたほか、20日には「ぼんぼりBBQ準備会」有志一同企画のもと、劇場版全国公開を記念した「湯乃鷺 春の緒花見会」イベントが開催され、バーベキューなど様々な催しも行われた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加