鉄道投稿情報局

【のと鉄道】”劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME”全国公開記念列車運転

その他私鉄 2013.04.01
宮島昌之(石川県)
2013_03_30_miyajima_masayuki001.jpg
映画全国公開を記念し運転された、”花咲くいろは”ラッピング2連の臨時列車。
‘13.3.30 のと鉄道七尾線 能登中島―笠師保 P:宮島昌之

2013_03_30_takahashi_kosuke001.jpg
新ラッピング運転開始後、初の連結運転。
‘13.3.30 のと鉄道七尾線 能登鹿島―穴水 P:高橋幸佑

2013_03_30_kato_mitsuhiro001.jpg
一足先に満開の桜が能登を走る。
‘13.3.30 のと鉄道七尾線 能登中島―西岸 P:加藤三博

2013_03_30_miyajima_masayuki003.jpg
同日朝より、NT202(”花咲くいろは HOME SWEET HOME”ラッピング)が正式にデビュー。新デザインのヘッドマークも準備された。
‘13.3.30 のと鉄道七尾線 田鶴浜 P:宮島昌之

2013_03_30_miyajima_masayuki004.jpg
ヘッドマークは映画PRポスターなどで使用されているデザイン。
‘13.3.30 のと鉄道七尾線 西岸 P:宮島昌之
 3月30日(土)、アニメ映画”劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME”の全国公開が始まるのを記念した臨時列車が、のと鉄道七尾線で運転された。
 車輌は穴水方より、NT201(”花咲くいろは”ラッピング) + NT202(”花咲くいろは HOME SWEET HOME”ラッピング)の新旧ラッピング2連で、穴水―七尾間を2往復したほか、翌31日(日)の朝の定期列車でも同様に1往復運転され、多くのファンが乗車や列車の撮影を楽しんだ。
 また、NT202(”花咲くいろは HOME SWEET HOME”ラッピング)については、先日報告の「RM News」や『Rail Magazine』2013年5月号(通巻356号)の記事でも、2013年3月9日(土)からの先行運転の模様を報じているが、30日(土)朝の定期列車124Dより、正式に同車輌の本運転を開始した。
 車内では、新収録した声優陣による車内放送(一部時間帯)や映画のワンシーンの画を展示しているほか、新デザインのオリジナルヘッドマークの掲出も始めた。
 なお、一時ヘッドマークの掲出を取り止めていたNT201だが、NT202にオリジナルヘッドマークが準備されたのを受け、掲出を再開している。
(C)2012 花いろ旅館組合

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加