鉄道投稿情報局

【JR東】205系600番代 営業運転開始

JR東日本205系 2013.03.18
岩片浩一(東京都)
2013_03_16_iwakata_koichi001.jpg
小金井始発の日光線直通列車。Y2編成充当。行先表示に注目。
‘13.3.16 東北本線 小金井

2013_03_16_iwakata_koichi002.jpg
ヘッドマークがついたY3編成、出発式の様子。
‘13.3.16 日光線 宇都宮

2013_03_16_iwakata_koichi003.jpg
日光連山をバックにすすむY10編成。
‘13.3.16 日光線 今市―日光

2013_03_16_iwakata_koichi004.jpg
849Mより急遽ピンチヒッターに抜擢されたY8編成。
‘13.3.16 日光線 今市―日光

2013_03_16_iwakata_koichi005.jpg
夕刻の日光杉並木沿いを進む、ヘッドマーク付Y3編成。
‘13.3.16 日光線 今市―日光
 3月16日に実施されたダイヤ改正より、小山車両センター所属205系600番代が日光線内での営業運転を開始した。これに先立ち、前日の日中に2編成が日光へ回送で送り込まれており、翌日の運用に備えていた。
 一方、本来であれば同駅で停泊している107系は、15日下り終電後に小金井へと臨時回送されている。
 また、205系の運用開始を記念してY3編成に対してヘッドマークが取り付けられ、出発式が宇都宮駅5番線ホームにて執り行なわれた。
 なお、午後に入りY2編成に不具合が発生した模様で、849M列車より湘南色帯のY8編成が代走、早速日光へと足を踏み入れている。
 日光線は4運用に対し4編成のみであるため、不具合や検査時には湘南色帯の編成が代走することになるであろうが、営業初日からの思わぬ展開に、沿線の撮影者からは驚きの声が上がった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加