鉄道投稿情報局

【JR北】釧網本線で”ジオ・トレイン”運転

JR北海道 2013.01.16
石川孝織(北海道)
2013_01_14_jono_hiroyoshi001.jpg

網走方には特製ヘッドマークが装着された。
‘13.1.14 釧網本線 茅沼―塘路 P:情野裕良
 JR北海道釧路支社とジオ・フェスティバルin釧路実行委員会は1月14日(月・祝)、釧路―摩周間(往路)、川湯温泉―釧路間(復路)で団体列車”ジオ・トレイン”を運行した。

 釧網本線沿線のジオ(地球科学)的な魅力を再発見することを目的に、岡田弘北大名誉教授(火山学)や沿線在住の自然科学研究者らが、列車内や摩周湖など現地で解説を行ない、小学生から80歳まで応募定員を超す62名が参加した。

 車輌は釧路運輸車両所の国鉄色キハ40 1758が充当され、網走方にヘッドマークが、また側面には特製サボを取り付けて運行した。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加