鉄道投稿情報局

【JR西】金沢総合車両所松任本所で一般公開

JR西日本 2012.08.27
宮島昌之(石川県)
2012_08_26_miyajima_masayuki001.jpg
入場口付近で来場者を出迎えた、”食パン電車”こと419系D01編成。
‘12.8.26 金沢総合車両所松任本所

2012_08_26_miyajima_masayuki002.jpg
489系H01編成のクハ車同士を連結して展示。クハ489-1には、特急〈雷鳥〉のヘッドマークが掲出された。
‘12.8.26 金沢総合車両所松任本所

2012_08_26_miyajima_masayuki003.jpg
自連を備えるクハ489-501には、特急〈白山〉のヘッドマークを掲出。
‘12.8.26 金沢総合車両所松任本所

2012_08_26_miyajima_masayuki004.jpg
昨年に続き観光PRの顔として展示されたキハ52 156(首都圏色)。
‘12.8.26 金沢総合車両所松任本所
 8月26日(日)、石川県白山市にある金沢総合車両所松任本所において恒例の一般向け「金沢総合車両所公開」イベントが開催され、多くの家族連れやレイル・ファンなどで賑わった。
 屋外では、特急〈はくたか〉編成を使用した車掌体験や運転台見学(681系W12編成)、車輌展示、”ひかりレールスター”を模したミニ新幹線の体験乗車、踏切の非常ボタン操作体験や架線検査作業車の展示などが行なわれた。
 展示された車輌は、419系D01編成や489系H01編成のクハ車2輌(クハ489-1およびクハ489-501)のほか、「糸魚川駅開業100周年・大糸線全線開通55周年記念事業」および糸魚川市観光PRの顔としてキハ52 156が展示された。
 一方、工場棟内部では、検査や修繕で用いられる工作機械や車輌部品の展示が行なわれたほか、北越急行(ほくほく線)PRの顔として、クモハ681-2502(681系2000番代N02編成、スノーラビット色)の運転台見学や軌道自転車乗車体験、ラッセル車DD15 13を使用したウイング開閉の実演、クモハ683-5506(683系4000番代T46編成)を使用した天井クレーンによる車体吊り上げ移動実演、検査により茜色の姿となったクハ415-801(415系800番代C01編成)を使用してのトラバーサー移動実演などが行なわれている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加