鉄道投稿情報局

【JR貨】1067号機引退でDD51三重連実現

JR貨物 2012.04.02
原 将人(北海道)
2012_03_29_hara_masato001.jpg
8771レで無動回送される原色1067号機。
‘12.3.29 千歳線 西の里(信)-上野幌

2012_03_29_hara_masato002.jpg
札幌(タ)からは試9196に継承され、苗穂へと輸送された。
‘12.3.29 函館本線 白石―苗穂

2012_03_29_hara_masato003.jpg
苗穂工場に収容される1067号機。
‘12.3.29 苗穂工場
 JR貨物北海道支社鷲別機関区所属の原色DD51 1067号機が、3月29日に苗穂工場へと輸送された。同機は部品取り用として活用される模様で、DD51重連で運転される8771レに無動で連結されたことから、見かけ三重連が実現した。
 札幌(タ)からは試9196へ継承、DF200-54号機の牽引で苗穂へと輸送され、工場内へと収容されている。
 これによりまた1輌原色機が消えることになるが、残る1056、1073、1184号機の1日も長い活躍に期待したい。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加