鉄道投稿情報局

【のと鉄道】”のとりあーな”ラッピング列車登場

その他私鉄 2012.02.23
宮島昌之(石川県)
2012_02_22_miyajima_masayuki001.jpg
スローライフ・スローフードの町、穴水をPR。
‘12.2.22 のと鉄道七尾線 田鶴浜

2012_02_22_miyaijma_masayuki002.jpg
ヘッドマークには「のとりあーなプロジェクト」ロゴマークが描かれている。
‘12.2.22 のと鉄道七尾線 田鶴浜
 のと鉄道七尾線では、2012年2月20日(月)から、地元の「穴水町地域づくり協議会」が推進する「のとりあーなプロジェク ト」PRのため、NT213に同協議会のイメージキャラクター”のとりあーな”のラッピングを施し、オリジナルヘッドマークを掲出して運転を開始した。
 「のとりあーなプロジェク ト」は、 スローフー ド発祥の地、イタリアをお手本に、「スローライフ ・ スローフー ド」の観点 から地元の良さを再認識し魅力を発信していこう! というプロジェク トで、 車輌の側面には「ゆっくり流れる時間を楽しもう」や「能登の宝物を見つけよう」、「能登産ぶどうの生ワインで乾杯」など、様々なメッセージを発信する”のとりあーな”の絵が描かれているほか、同プロジェクトのロゴマーク「世界農業遺産 能登の里山里海」の文字が配置されている。
 同車両は普通列車の運用に逐次投入され、5月31日(木)まで運行される予定。
 なお、のと鉄道では現在開催中のイベント「能登ふるさと博(冬季シーズン)」向けラッピング列車であるNT212″のとドン号”も運転中であることから、同博終了の3月4日(日)までは2輌のラッピング列車の走る姿を見ることができる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加