鉄道投稿情報局

【JR貨+富士急行】富士急行向け車輌 甲種輸送

JR貨物その他私鉄 2011.10.07
酒井健一郎(東京都)
2011_10_01_sakai_kenichiro002.jpg
秋晴れの多摩川をEF64とDE10に牽かれ行く、元205系。
‘11.10.1 武蔵野貨物線 梶ヶ谷貨物ターミナル―府中本町 P:酒井健一郎

2011_10_01_suzuki_ryo001.jpg
西武新101系夏編成の甲種輸送とすれ違う。
‘11.10.1 武蔵野線 東所沢―新秋津 P:鈴木 亮

2011_10_01_sakai_kenichiro001.jpg
DE10は新座(タ)から大月まで最後部に。
‘11.10.1 中央本線 立川―日野 P:酒井健一郎
 9月30日から10月2日にかけて、長野総合車両センターにて改造された富士急行向け車輌(元京葉線205系)3輌編成がEF64の牽引で長野から大月まで甲種輸送された。運転経路は長野―八王子―梶ヶ谷(タ)―新座(タ)―八王子―大月であった。
 富士急行向け車輌は、元モハ205に運転台取り付け、通風器撤去、車外スピーカーと半自動用ドアボタン取り付け、行先表示器LED化等の改造が行なわれている。
 また特筆する点は、大月での引き渡しに入換機が必要なことから、梶ヶ谷(タ)よりDE10が同時に輸送され、梶ヶ谷(タ)―新座(タ)間が重連、新座(タ)からはプッシュプル形態で運転されたことである。
 なおEF64は1024号機、DE10は1101号機が充当された。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加