鉄道投稿情報局

【高松琴平電気鉄道】GW旧型電車特別運行2011

その他私鉄 2011.05.17
山田 優(香川県)
2011_05_03_yamada_yu003.jpg
500号を先頭に旧型3連が行く。
‘11.5.3 高松琴平電気鉄道琴平線 羽床―滝宮

2011_05_04_yamada_yu003.jpg
懐かしの急行〈こんぴら〉のヘッドマークを掲出した23号。
‘11.5.3 高松琴平電気鉄道琴平線 羽間―榎井

2011_05_04_yamada_yu005.jpg
120号を先頭にした旧型車輌4連。
‘11.5.3 高松琴平電気鉄道琴平線 羽間―岡田

2011_05_04_yamada_yu009.jpg
仏生山工場にて並ぶ。左から300、500、120号。
‘11.5.3 高松琴平電気鉄道 仏生山工場
 高松琴平電気鉄道では、毎年恒例となったゴールデンウィークの旧型電車特別運行を行った。5月3日は琴平線仏生山―琴平間で、500号+23号+120号(琴平方)の旧型3連、仏生山―高松築港間は300号を増結した500号+23号+120号+300号(琴平方)の旧型4連。5月4日は長尾線で、500号+23号(長尾方)の旧型2連、、琴平線で120号+300号+500号+23号(琴平方)の旧型4連が走行した。23号の車内には天井一面に鯉のぼりが飾られ、子供たちの人気を集めた。また、3日の500号、4日の23号の前面には懐かしの急行〈こんぴら〉号のヘッドマークも取り付けられた。
 なお、4日は特別運行終了後、仏生山工場にて旧型電車300号、500号、120号の3輌並び撮影会が実地され、ファンを喜ばせた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加