鉄道投稿情報局

【JR九】キハ200系に新塗装編成登場

JR九州 2011.02.02
織田和希(長崎県)
2011_02_01_haambe_yoshimasa001.jpg
長崎へ向けて回送中。
‘11.2.1 長崎本線 東諫早 P:濱辺芳将

2011_02_02_oda_kazuki001.jpg
営業運転開始初日から並ぶキハ66・67形”ハウステンボスライナー”とキハ200系”ハウステンボスライナー”。
‘11.2.2 長崎本線 長崎 P:織田和希
 2011(平成23)年2月1日に小倉工場を出場した長崎運輸センター所属のキハ200系14番ユニット(キハ200-14+キハ200-1014)だが、2010(平成22)年8月に登場したキハ66・67 12″ハウステンボスライナー”を基本とする塗装に変更された。
 同車は2011(平成23)年1月初旬までは”長崎龍馬ライナー”として走っていたが、検査入場を機に塗装変更された。
 営業運転初日となる2月2日には、長崎駅で先輩となるキハ66・67 12″ハウステンボスライナー”と並び、普通列車として長崎駅を出発していった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加