鉄道投稿情報局

【JR西】福知山電車区の国鉄色BB68編成の自走回送

JR西日本 2010.09.30
中司朔良(兵庫県)
2010_09_29_nakatsukasa_sakuyoshi001.jpg
貫通型クハ183-207を先頭としたBB68編成の回送。
‘10.9.29 福知山線 塚口―尼崎
 9月28日(火)に福知山電車区のF13編成が自走回送されたが、その翌日29日(水)、今度は同区の国鉄色183系BB68編成が前日と同ダイヤで吹田工場入りした。
 BB68編成といえば、昨年12月にB編成の代走用に同区に転入し、本年3月のダイヤ改正まで3016~3019M、3018~3021M等に充当された京キトA編成からの改造3編成のうち、唯一新大阪方クハに種車をクハ481-200番代とする貫通型が組み込まれた編成である。
 BB編成は、3月改正後は予備編成化し、3016~3019Mや〈タンゴエクスプローラー〉の代走を務めているが、その出番のほとんどにBB69編成が充当されており、このBB68編成の充当は皆無に近い状態であった。
 B編成の新大阪方クハが非貫通型に統一された現在、この貫通型クハを擁するBB68編成は貴重な存在であるだけに、今後の去就が注目される。
 なお、今回の回送列車において、この貫通型クハのヘッドサイン部には「回送」と印字された紙が貼付された。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加