鉄道投稿情報局

【JR九+西鉄】筑前山家駅前に保存される西鉄軌道線車輌

JR九州大手私鉄 2010.09.24
中司朔良(兵庫県)
2010_09_19_nakatsukasa_sakuyoshi003.jpg
保存される621・324号。後方は、冷水峠に向かう6626D。
‘10.9.19 筑豊本線 筑前山家
 筑豊本線のサミット「冷水峠」の西側麓駅である筑前山家駅前のJR用地内には2輌の元西鉄軌道線の車輌が2008年より静態保存されている。筑豊本線の線路寄りから、かつて北方線で活躍した324号が、その隣に北九州線621号がそれぞれパンタを上げた状態である。
 324号は土佐電気鉄道に譲渡され2007年に廃車となったものを復元したもの。両車とも、旧西鉄色に塗装されている。コンクリート路盤上に枕木・レールを架設し、両車ともパンタは西向き。621号は車体の一部にパテ補修跡が残ったままの状態だが、外観上の保存状態は概ね良好に見える。
 余談だが、621号脇にはいすず製の旧西鉄バスも鎮座しており、これらは私設団体がJR用地を借りたうえで保存しているとのことである。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加