鉄道投稿情報局

【阪急】『初詣』 『西国七福神めぐり』ヘッドマーク掲出

大手私鉄 2009.12.28
梅園貴史(大阪府)
2009_12_27_umezono_takashi001.jpg
ヘッドマーク掲出は来年1月7日までの予定。
‘09.12.27 阪急電鉄 十三 P:梅園貴史

2009_12_27_akagashi_syota001.jpg
初詣ヘッドマークを掲出して走る6350×8連。
‘09.12.27 阪急電鉄京都本線 茨木市―南茨木 P:赤樫翔太

2010_01_02_makatsukasa_sakura003.jpg
梅田駅に進入する「初詣」マーク付宝塚本線急行8007F。
‘10.1.2 阪急電鉄宝塚本線 中津―梅田 P:中司朔良

2010_01_02_nakatsukasa_sakura004.jpg
「西国七福神めぐり」のマーク付京都本線特急9304F。
‘10.1.2 阪急電鉄京都本線 相川―上新庄 P:中司朔良
 阪急電鉄では、年末年始の恒例となっている『初詣』ヘッドマークが12月26日から京都・宝塚・神戸の各本線にて掲出が始まった。あわせて『西国七福神めぐり』ヘッドマークも宝塚線を中心に掲出されている。
 その中で26日・27日には阪神競馬開催に伴ない神戸線にて臨時急行(仁川→梅田:片道のみ8本)が運転され、その運用に神戸線で現在1本のみの9000系もヘッドマークを掲出して運用に充てられた。また、しばらくは阪神競馬開催の臨時急行の予定がないため、寅のイラストをあしらった2010年バージョンのヘッドマークは最初で最後の組み合わせとなった。
 なお京都線では、本線での引退が近づいている6300系にも『初詣』ヘッドマークが掲出されており、最後の力走をしている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加