鉄道投稿情報局

【秩父鉄道】C58 363に“門鉄デフ”装着

その他私鉄 2009.11.24
増永祐一(神奈川県)
2009_11_21_masunaga_yuichi001.jpg
“門鉄デフ”スタイルのC58。銀色の握り棒も追加されている。
‘09.11.21 秩父鉄道秩父本線 武州中川―武州日野
 秩父鉄道では、創立110周年記念企画の一環として、SL急行〈パレオエクスプレス〉の牽引機であるC58 363の除煙板を、“門鉄デフ”こと旧国鉄・門司鉄道管理局形除煙板の「CH-1」に変更し、11月21~23・28・29日の計5日間、その姿を営業運転で披露した(28・29日は予定)。

 この告知が出されたのは、『鉄道ホビダス』が同月20日の「編集長敬白」、秩父鉄道ホームページ内の“PALEO NEWS SITE”が21日、つまり運転初日の未明で、まさにサプライズイベントとなった。
 関東エリアにおいて“門鉄デフ”での営業運転が見られたのは、2009年の2月にC57 180牽引で運転された〈SL春さきどり号〉以来となり、紅葉が見頃となった秩父路を駆ける“門鉄デフ”の蒸機列車は、乗客やファンにとって、新たな驚きと楽しさを与えたものと思われる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加