鉄道投稿情報局

【JR西】14系座席車 相次いで廃車回送

JR西日本 2009.07.27
齋藤大暉(千葉県)
2009_07_22_saito_daiki001.jpg
リゾート&シュプール車による長編成での走行は、これが最後となった。
‘09.7.22 東海道本線 長岡京―山崎
 7月22~23日にかけて京都総合車両所および宮原総合車両所の14系が相次いで廃車回送された。

 まず、22日に京都所所属の14系リゾート&シュプール8輌(中間車のみ)がEF65 1135の牽引で向日町―吹田間で廃車回送された。この編成は吹田での解体となる見込み。

 そして翌23日はリゾート&シュプール車4輌とオリジナル車1輌がEF66 49牽引で宮原総合車両所―幡生間で廃車回送された。こちらは3輌目にオリジナル車を挟んだ形での廃車回送となった。なお、幡生へ廃車回送されたうちのスハフ2輌は前日に京都所から宮原所へ一旦回送されている。

 今回の廃車回送により、JR西日本に残る14系リゾート&シュプール車は3輌、オリジナル車は4輌のみとなった。
○関連記事
【JR西】14系廃車回送
【JR西】14系2輌 宮原総合車両所へ回送

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加