鉄道投稿情報局

【JR四】JR四国12系 四国各地を駆け抜け帰区

JR四国 2009.06.08
宇田 映(愛媛県)
2009_06_07_uda_utsuru001.jpg
最後に予讃線の名所を行く。
‘09.6.7 予讃線 浅海―大浦
 前回にリポートした際お知らせしたJR四国12系の団臨であるが、6月7日、予定どおり松山―高松間で運転された。

 これは前回と同じ松山の鉄道模型店の主催するムーンライトならぬ〈デイライト高松〉と名づけられた列車で、往年の普通列車を再現したかのようなのんびりダイヤで、松山―高松を片道のみの運転であった。

 高松に到着した同列車は高知に向けて回送され、ここに4週間の長きにわたり四国内を駆け抜けた12系は所属区である高知区に帰区した。
 なお、こちらも長きにわたりエスコートを務めたDE10 1039は8日の早朝に高知を発ち、単機にて高松に帰る事になっている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加