鉄道投稿情報局

【JR東】常磐緩行線用E233系の第1編成が落成

E233系 2009.05.19
岩片浩一(千葉県)
2009_05_19_iwakata_koichi001.jpg
試運転で快速線を走行する常磐緩行線用E233系。
‘09.5.19 常磐線 取手―天王台 P:岩片浩一

2009_05_19_yamada_yuya001.jpg
予定より遅れて登場した常磐緩行線用E233系。
‘09.5.19 京浜急行電鉄逗子線 神武寺 P:山田裕也

2009_05_19_shimizu_tomofumi001.jpg
前面に特色のある常磐緩行線用E233系。
‘09.5.19 武蔵野線 府中本町 P:清水智文
 5月19日、東急車輌製造で落成した常磐緩行線用E233系の第1編成が出場し、逗子―新鶴見信号場―(武蔵野線経由)―取手―松戸の経路で試運転を行なった。
 同車は現在松戸車両センターに配置されている203系および207系900番代の老朽取替え用として製造されたもので、計180輌(10輌編成×18本)の増備が予定されている。
 また、既存の209系1000番代と同様に幕板部分の帯が省略されたスタイルとなっており、列番表示器は非常用前面貫通口部分に設置されている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加