鉄道投稿情報局

【JR北】リバイバル〈おおとり〉 キハ183系国鉄色で運転

JR北海道 2009.03.23
原 将人(北海道)
2009_03_20_hara_masato001.jpg
札幌を後に晴天の下オホーツク海を目指して駆けるリバイバル〈おおとり〉。
‘09.3.20 函館本線 江別―豊幌

2009_03_21_hara_masato001.jpg
ヘッドマークがステッカー製であったため、回送時にもそのまま掲出された。
‘09.3.21 室蘭本線 古山

2009_03_21_hara_masato002.jpg
追分から石勝線を経由して千歳でスイッチバック、編成の向きを戻して函館に向かう回送列車。
‘09.3.21 千歳線 南千歳―美々
 JR東日本の企画による“特急「はつかり」「おおとり」で行く北海道への旅”が3月20~21日、上野―網走間で催行された。
 このツアーは上野―青森間を583系使用の特急〈はつかり〉に乗車、青森―函館間は485系特急〈はつかり〉で移動し、北海道内はキハ183系国鉄色車を使用した特急〈おおとり〉で函館―網走間でリレーし、当時の旅を満喫するというもの。
 北海道内の運行経路は函館→(函館本線)→長万部→(室蘭本線)→苫小牧→(千歳線)→札幌→(函館本線)→旭川→(石北本線)→網走となり、多くの区間が撮影可能な時間帯であったこと、なつかしい絵柄のヘッドマークや特急シンボルマークを取り付けた国鉄色の4輌編成が担当ということで、沿線には多数のファンが集まった。
 翌21日には函館への返却回送が行なわれたが、編成の向きが変わらぬように網走→(石北本線)→旭川→(函館本線)→岩見沢→(室蘭本線)→追分(石勝線)→千歳→(千歳線)→苫小牧→(室蘭本線)→長万部→(函館本線)→函館のルートでの運転が行なわれ、「おおとり」のヘッドマークも掲出されたままであったことから、ファンには2日連続のうれしいプレゼントとなった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加