鉄道投稿情報局

【JR北】〈SL冬の湿原号〉がスタート

JR北海道 2009.01.26
佐々木裕治(北海道)
2009_01_24_sasaki_yuji001.jpg
 
‘09.1.24 釧網本線 標茶―磯分内 P:佐々木裕治

2009_01_25_tsuji_haruo.jpg
 
‘09.1.25 釧網本線 川湯温泉―美留和 P:辻 晴穂
 JR北海道では、1月24日から〈SL冬の湿原号〉10年目の運転を開始した。今年の運転は、1月24日・25日・1月31日~3月8日の39日間。
 運転初日と2日目の24日・25日は川湯温泉まで延長運転し、初日24日はC11 171+C11 207の重連牽引となった。
 沿線では運転を記念し、釧路駅では出発式が行なわれた他、標茶町では馬が併走、摩周駅ではセレモニーが開催された。なお25日は、C11 207が往路逆向き、帰路正向き+DE10との重連で運転された。
 釧路地方は連日朝方は曇っていたが、その後は晴れたため、冷泉橋付近では夕日に映える姿が見られた。また25日は弟子屈近辺では15cmほどの積雪があったため、豪快に雪を跳ね飛ばすC11の姿が見られた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加