鉄道投稿情報局

【JR東】EF64双頭連結器装備機が異種形式車を回送

2008.09.24
細外里人(東京都)
2008_09_23_hosogai_rijin.jpg
珍編成が実りの信州路を行く。
‘08.9.22 信越本線 黒姫―古間
 9月23日、珍しい編成がEF64 1030(長岡車両センター所属)牽引により新潟車両センターから直江津経由で北長野まで回送された。
 編成は長野方からEF64 1030+115系3輌(N4編成)+E127系2輌(V7編成)+クモヤ143(115系、E127系についてはいずれも新潟車両センター所属)で、E127系を除いてはパンタグラフを上げ通電状態での運転となった。なお編成中のE127系については9月10日に越後線越後曽根―巻間での踏切事故当該編成の一部である。
 今回のように機関車牽引の編成後尾にクモヤが連結されることは最近では例がなく、とても珍しいかたちとなった。本列車は全区間で制限速度が低めにかかっており、ゆっくりと走る珍列車を足を止めて見物する人が多く見受けられた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加