鉄道投稿情報局

【JR東】201系変則7連で自力廃車回送

201系 2008.06.20
田中 友(東京都)
2008_06_19_tanaka_yu.jpg
青3編成がH1編成の3輌(前から4~6輌目)を挟んだ7連。
‘08.6.19 中央本線 猿橋―大月 P:田中 友

2008_06_19_ida_yukihiro004.jpg
勾配をどんどん駆け上がる。
‘08.6.19 中央本線 すずらんの里―青柳 P:井田幸宏

2008_06_19_ida_yukihiro003.jpg
長いトンネルを抜ける。
‘08.6.19 篠ノ井線 明科―西条 P:井田幸宏

2008_06_19_ida_yukihiro002.jpg
山の中を快走する201系。
‘08.6.19 篠ノ井線 西条―坂北 P:井田幸宏

2008_06_19_ida_yukihiro001.jpg
水面に映える201系。
‘08.6.19 篠ノ井線 稲荷山―篠ノ井 P:井田幸宏
 6月19日、最後に残った青梅・五日市線用の青3編成と、クハ201-1を除くH1編成のトップナンバー3輌が変則的な7輌編成を組み、解体のため自力で長野に送られた。
 現在、中央線に残っている201系2編成は三鷹以西の高架完成までは活躍し続ける予定になっているため、今回をもってオレンジ色の201系の自力廃車回送には一旦ピリオドが打たれることになる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加