鉄道ホビダス

JR北海道エリアの最近の記事

最北の地を定期ラッセルが行く
20161222122307-b8f049a8be3423569742ad6a7292a1f326f1a14b.jpg

2016.2.7
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】雄信内で普通列車と交換したラッセルは、下平トンネルで氷柱落とし作業をした後、天塩中川へ進む。ここは、道々541号を歌内から天塩中川に向かって約1.5kmの地点。線路は直線から左カーブしており、そこを道路側の少し高くなっている場所(アウト側)から狙う。晴れればバックの山並みが美しい。最近は機関車の老朽化により故障が多く、突然運休となることもあるので注意が必要。

【レンズ】240mm

【アクセス】国道40号を北上し、天塩中川を越え歌内を目指す。天塩中川から距離があるので、車利用が現実的。

【国土地理院1/25,000地形図】問寒別

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

夕張へ向かう列車を跨線橋から撮影する
20160914184636-9dc5c93bdded6808c5ea74a66afa042ba6211457.jpg

2016.6.13
伊藤 洋(長野県)

【ガイド】跨線橋から木々をアングルに取り込んで俯瞰気味に撮影できるポイント。奥行き感のある写真となる。線路横の木製電柱が懐かしく、良いアクセントになる。

【レンズ】300㎜

【アクセス】南清水沢駅前を通る国道452号を沼ノ沢方面へ約1km進んだ交差点を清水沢工業団地方面へ右折した付近。道東自動車道夕張ICから約8km

【国土地理院1/25,000地形図】紅葉山

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

雄大なS字曲線を俯瞰する非電化区間の撮影名所
20160805150354-7cdb050305fcd4f5975634cb57bdb4e5caa701bb.jpg

2016.5.18
辻 晴穂(北海道)

【ガイド】大きなS字カーブを駈け抜ける下り列車を俯瞰で狙う。背景に荒々しい礼文華海岸の断崖を入れても、アップで編成主体に狙っても絵になるポイント。300mm以上のレンズが必要なため視界のよいことが第一条件。"カシオペア紀行"は8時40分ごろ、"カシオペアクルーズ"は13時40分過ぎ、"カシオペア紀行"通過予定。作例はDF200牽引の9969レ。編成主体に狙うなら500mm。

【レンズ】500mm

【アクセス】豊浦駅から函館側二つ目の踏切渡る。国道37号を横切り自動車修理工場横の坂道を進み、左側の細い道を登ると撮影地点。車なら道央自動車道 豊浦ICから11km、10分ほど。

【国土地理院1/25,000地形図】礼文華峠

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

長い直線区間を夕日に向かって
20160804205513-485fc4721de579ef6db2435db7522a9e33e0bf16.jpg

2016.5.18
辻 晴穂(北海道)

【ガイド】複線電化区間の直線を疾走する上り列車を狙う。作例は高速で通過するDF200牽引9122レ。上下線の間隔が比較的広く列車のサイドを表現しやすい。午後の上り列車の光線状態が良好。夕陽で赤く染まる時間帯はことのほか美しい。"カシオペアクルーズ"は17時50分頃の通過予想。

【レンズ】160mm

【アクセス】白老駅から社台方向で線路と並行した道を行く。最初の踏切が撮影ポイントの小沼線通踏切。徒歩10分ほど。車なら道央自動車道 白老ICから4km、10分。

【国土地理院1/25,000地形図】白老

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

S字カーブを行く単行気動車を撮る
20160627141907-f915f5c958d4b27afc5b24ad68eb8a658b3a4814.jpg

2016.6.13
伊藤 洋(長野県)

【ガイド】緑に囲まれた山間のS字カーブを線路に沿って通る国道の歩道から安全に撮影できるポイント。

【レンズ】116mm

【アクセス】清水谷駅から国道38号線を鹿ノ谷方面へ約1.5km進んだ付近。道東自動車道 夕張ICから約12km。

【国土地理院1/25,000地形図】シューバロ湖

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

20160624132745-31251329cf7954b771f22a008c6c3bac26cb403c.jpg

2016.1.30
石原幸司(北海道)

【ガイド】有珠山を背景に直線を行く列車を撮影できる。見通しの良い直線なので長編成の貨物列車が収まりがよいが、新幹線開業で登場した261系の「スーパー北斗」も通常8輌編成なので、こちらも狙ってみたい。昼前から午後が順光となる。

【レンズ】320mm

【アクセス】稀府駅を出て黄金方面へ進み1つ目の踏切を渡る。突き当りを左折し、800mほど進むと小さい川があり、橋を渡って川沿いの道を線路方向に進むと、踏切の跡があり、その付近が撮影地となる。車だと道央自動車道室蘭ICより約9.5km。

【国土地理院1/25,000地形図】稀府

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

20160609115600-88edc00a69730fb7928549dc066309f101f192a1.jpg

2016.1.13
椙田俊幸(東京都)

【ガイド】室蘭本線のカーブ区間をカーブの内側の踏切脇から撮影するポイント。午後の上り列車が順光で撮影出来る。この踏切脇から下り列車も撮影可能。DF200の貨物列車の他、スーパー北斗、北斗、キハ40等の普通列車が撮影出来る。

【レンズ】40mm

【アクセス】長和駅前を左手に向かって線路沿いに約100mほどの跨線橋を越え南へ約400m、十字路を右折し約500m行った踏切。長和駅から徒歩約20分。車の場合は道央自動車道伊達ICから約20分。

【国土地理院1/25,000地形図】 伊達

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

旭川郊外でラッセルを撮る
20160225125514-52a249b8b492bced486e0d618582df1efb44b57d.jpg

2016.1.10
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】雪551レは、街並みをバックに直線を進んで行く。街中を進むラッセルの姿は珍しい。ここは旭川環状線と石北線がオーバークロスところで、すく近くにウエスタンパワーズがある。

【レンズ】280mm

【アクセス】南永山徒歩約10分。すく近くにウエスタンパワーズには旭川名物のラーメン村がある。

【国土地理院1/25,000地形図】永山

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

噴火湾をバックにしたS字カーブ
20151215130559-1fcdec349c92c7f8f9f7a272e9cb8b8b809e2f49.jpg

2015.10.19
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】石倉と落部のほぼ中間、噴火湾をバックに函館方面に向かう上り列車を撮影する。午前中が順光。

【レンズ】135mm

【アクセス】国道5号から撮影する。石倉駅から徒歩25分。

【国土地理院1/25,000地形図】濁川

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

海峡を渡る優等列車の最後の雄姿を捉える
20151211140746-ed4d696b16de4a99b967075b407cb2546dccf40e.jpg

2015.10.19
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】江差線の上り列車を狙う。渡島当別を出発した列車は三石を過ぎると直線区間に入り、その後左に大きくカーブして顔を出した後、S字を描きながら箱崎道路踏切を通過して行く。踏切付近から津軽海峡を入れて直線区間を撮った後、S字を望遠、最後は広角気味に狙うことが出来る。ここを走る優等列車は北海道新幹線が開通すると全て廃止される。

【レンズ】標準から望遠まで

【アクセス】渡島当別駅から国道228号を木古内方へ徒歩約20分。線路は高い位置にあり右手の坂道を登ると箱崎道路踏切がある。

【国土地理院1/25,000地形図】当別

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

錦秋の大橋梁をゆく「スーパーとかち」
20151111125219-e180c1258eeccb8a15aef8fecdb919d26581823d.jpg

2015.10.17
後藤茂樹(兵庫県)

【ガイド】夕張川を跨ぐスケールの大きな橋梁を袂から見上げるポイント。夕方の光線状態が良い。紅葉時の最適列車は「スーパーとかち8号」。ヘッドライト・テールライトが確認できないので、後追い撮影も併せて考えたい。新夕張から徒歩圏内の市街地のはずれなので、駐車場所には十分配慮してほしい。

【レンズ】56mm

【アクセス】新夕張駅から国道274号へ出て占冠方面へ。約400mで分岐する国道452号へ右折。さらに400mほど進むと夕張川橋梁に達する。車の場合は夕張
ICから2㎞弱。

【国土地理院1/25,000地形図】紅葉山

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。


寝台特急「カシオペア」の編成を順光で
20150904155829-e8e19cf6e613d24bed6da9d6476420cbc2c49dae.jpg

2015.8.21  
石黒義章(岐阜県)

【ガイド】札幌行きの寝台特急「カシオペア」に適したポイント。「トワイライトエクスプレス」「北斗星」が姿を消してしまったが、「カオペア」は来年2月までの運転計画が発表された。日の短い時期は電化区間での撮影のほうがよい光線で撮影ができる。ここは富浦駅を通過した列車をトンネル手前にある踏切付近から撮影する。DD51重連と客車の編成もバランスよく撮影ができる。ポイントのキャパシティは大きい。撮影地は海岸沿いになっており冬期は防寒対策をお忘れなく。

【レンズ】200mm

【アクセス】富浦駅から登別駅方向に1つ目の踏切付近が撮影ポイント。

【国土地理院1/25,000地形図】登別温泉


【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

岬から湾を隔てて望遠で狙う海を配した雄大なアングル
20150731115713-e59579cb3c84571651916bcdb3f4eb9806a1844c.jpg

2015.2.28
矢野登志樹(神奈川県)

【ガイド】有珠山から続く山塊が内浦湾に落ち込むようにせり出して、いくつもの岬をつくり出している。その一つエントモ岬から内浦湾を手前に配した下り列車の雄大な写真が撮れる。荒涼とした海岸風景がいかにも北海道らしい。作例は480mmだが、もう少し短めのレンズを使って、海を大きく画面に入れたアングルもよい。午前中が順光。

【レンズ】480mm

【アクセス】長和駅から国道37号に出て洞爺方面に2㎞ほど進み左折。350mほど行った2本目を右折、700mほど進んだあたり。車では道央自動車道伊達ICから20分。

【国土地理院1/25,000地形図】伊達

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

田園風景の中を行くDD51重連寝台特急
20150729151307-b28535a7ca6f2e78408e941151efe86e9ba018e1.jpg

2014.10.5
椙田俊幸 (東京都)

【ガイド】田んぼが広がる複線区間をサイド気味にすっきりと撮影出来る場所。線路は東西方向の直線区間となるため、午前中は下り列車が光線状態が良い。線路の南側に電柱があるが間隔は広い。

【レンズ】40mm
長和駅前の道を50mほど直進し左折、道道779号に出る。室蘭本線を越える跨線橋の先、約400mの十字路を右折し、600m程先の踏切付近。長和駅から徒歩約15分。車なら道央道の伊達ICから国道37号で出て長万部方面へ。国道453号が分岐する交差点を左折すれば、道道779号の跨線橋に至る。伊達ICから約15分。

【国土地理院1/25,000地形図】伊達

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

トンネルの間のストレート区間を俯瞰
20150728142707-037ee0d270a5aa7164adbc8a4cb9544c0af8af74.jpg

2014.8.31
石黒義章(岐阜県)

【ガイド】トンネルの間を公園の展望台へ向かう階段中腹あたりから俯瞰撮影をするポイント。緑濃い山を背景にしたストレートは室蘭本線非電化区間を代表するアングルの一つ。長い編成の寝台特急は後部がトンネルに隠れてしまうが、廃止前にぜひ狙っておきたいポイントだ。

【レンズ】100mm

【アクセス】礼文駅から駅前の県道608号を大岸駅方面に2.5km。展望台に通じる階段が撮影地となる。徒歩30分ほど。

【国土地理院1/25,000地形図】礼文華

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

朝焼けに染まる貨物列車を撮る
20150407121521-348eb9c0b13affee40d1c564c2003d27b9ac1fe0.jpg

2014.7.16
石原幸司 (北海道)

【ガイド】午前中の上り列車を順光ですっきり撮影できる数少ないポイントである。早朝から貨物列車が行き交い、特急から普通列車まで列車本数も多く、車輌のバラエティも豊富で、短時間で効率のよい撮影ができる。

【レンズ】190mm

【アクセス】サッポロビール庭園駅より長都方へ約600m。道東自動車道の高架下付近が撮影ポイント。車なら道央自動車道恵庭ICより約6.5km。

【国土地理院1/25,000地形図】上長都

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

丘陵地帯の切り通しを行く列車を俯瞰
20150406123512-28661dfeca8e0296cefbf7a02a5c353cbb376e42.jpg

2014.9.5
石黒義章 (岐阜県)

【ガイド】西の里信号場付近の手前の切り通し区間を跨線橋から撮影する。列車密度が高いので撮影も楽しく、山深い印象のアングルとなり季節感もある。光線状態は午前中上り列車が、午後下り列車が順光になる。通行の妨げにならないよう三脚の使用は控えたい。

【レンズ】28mm

【アクセス】両駅のほぼ中間。上野幌駅から駅前の国道274号を北広島方向に進む。西の里交差点を右折すると千歳線に架かる跨線橋がある。徒歩で約1時間。車利用が現実的。

【国土地理院1/25,000地形図】北広島

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。


Sカーブを抜けるスラントノーズのキハ183を順光で
20150318143720-f7b1274e73b47b6b83a96ab875f1f9460dc5743c.jpg

2015.2.23
赤松謙一 (神奈川県)

【ガイド】遠軽で方向転換した下りオホーツクは網走までスラントノーズのキハ183が先頭になる。常紋越えに差し掛かる手前の生野~生田原区間は広野の中を走るが、生野を出てすぐの直線を過ぎると列車は川を渡河しながらSカーブに差し掛かる。この区間を行く列車を平行する国道至近の56号線踏切付近から狙うことが出来る。バックには北海道らしい森林があるので背景を多めにするもよし、編成メインに撮影してもよい。光線状態は14時くらいまでが良く、被写体は「オホーツク3号」がベストとなる。

【レンズ】180mm

【アクセス】生野駅からのアクセスになるが、停車する列車が少ないので注意が必要。生野駅すぐ手前の踏切を渡り国道242号へ出たら生田原方面へ。国道を進んでしばらくすると荒瀬橋を渡るのでそのまま進み程なく線路が近づく。この辺りで森へ進む小道が左手に分岐しており、そのすぐ先にポイントとなる56号線踏切がある。車なら旭川紋別自動車道丸瀬布ICを出て国道333号を遠軽方面へ進み、途中から国道242号へ分岐して進む。国道242号を生田原方面へ進み、生野駅を過ぎ、川を渡ると線路が近づく。その左手先にポイントとなる56号線踏切がある。

【国土地理院1/25,000地形図】生田原

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

朝日に美しく輝く「カシオペア」を狙う
20150312132229-4e2884c4f7fe12435502e78e8baa13d1da0e8aae.jpg

2014.9.22
鈴木裕大 (神奈川県)

【ガイド】噴火湾を横目に大きな曲線を駆け抜ける列車を狙う。終日逆光気味で早朝の寝台特急も正面に日が当たらないものの、陽の長い季節限定だが半逆光でサイドに日が当たり、特に8009レカシオペアは斜光線で車体側面が美しく輝く。

【レンズ】192㎜

【アクセス】函館本線落部駅から国道5号を長万部方面に約3km。道央自動車道落部ICから国道5号を函館方面に約500m、海側のパーキングエリアの函館寄りがポイント。

【国土地理院1/25,000地形図】落部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

原野を貫く北海道の代表的撮影地
20150312131849-077cc4086556f8c3460ecb9eb8a972e73fb802ff.jpg

2012.6.29
赤座安彦 (岐阜県)

【ガイド】雄大な大地を駆ける寝台列車が手軽に撮れる撮影地。駅から徒歩圏内でアクセスしやすく、長万部に宿を取っても間に合う。線路を跨ぐ国道が撮影地で、ガードレールの外側に撮影できるスペースがある。午前の早い時間が順光。夏場の方が光線状態は良いが、海霧が発生しやすい。ロングショットになるので、クリアな晴天時に訪れたい。

【レンズ】265mm

【アクセス】室蘭本線静狩駅から長万部方面へ。徒歩約15分ほど。道央道長万部ICから国道37号で約15分ほど。

【国土地理院1/25,000地形図】静狩

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。


山深いムードーのカーブで上り寝台特急を捉える
20150311125241-7edfaac685a43a049728908131231950dfc24099.jpg

2012.6.30
辻 晴穂(北海道)

【ガイド】単線非電化の曲線区間で、「宇宙軒カーブ」と親しまれるS字カーブの下り列車撮影ポイントの反対側にあたる。ここは曲線の上り勾配に挑む上り列車のダイナミックなシーンをねらう。編成は最後部まで入らないが、函館本線山線を思わせる好ましいムードの撮影地である。午後の列車がほぼ順光となる。8010レ「カシオペア」は18時30分過ぎの通過。

【レンズ】115mm

【アクセス】有珠駅から洞爺方向に1.4km。国道37号を直進、右折後「八重樫踏切」を渡りすぐ右折したあたり。国道37号を洞爺方面に進めば道の駅「あぷた」がある。

【国土地理院1/25,000地形図】洞爺湖温泉

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

厚岸湾に沿って走る"花咲線"の列車を
20150225114951-970cb56da2ea5e52ace6c32b0f372b8ff1ae65c7.jpg

2015.2.8
伊藤 洋 (長野県)

【ガイド】厚岸湾に沿って走る花咲線を国道横の丘の上から手軽に撮影できるポイント。広い駐車スペースが完備された厚岸望洋台からも近く車でのアクセスも容易。作例は門静方面へカメラを向けているが、厚岸方面も線路を見下ろす事ができ上下線とも撮影可能。

【レンズ】28mm

【アクセス】門静駅から国道44号に出て厚岸方面へ約1.5km進んだ付近。道東自動車道浦幌ICから135km

【国土地理院1/25,000地形図】厚岸

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

直線を高速で駆け抜けるDD51重連寝台特急
20150214125024-87ceb669a25d747954b45c0545a3a6a737d72e9d.jpg

2012.2.19
辻 晴穂(北海道)

【ガイド】雪煙を上げ猛然とダッシュする寝台特急! 直線の続く北海道らしいロケーションの中、フルノッチのDD51重連の雄叫びは広い大地に響き渡る。雪煙で編成は隠れてしまいがちだが、ぜひ記録しておきたい冬季ならではの迫力あるシーンだ。列車は高速で通過するので十分線路から離れ安全を確保して欲しい。

【レンズ】280mm

【アクセス】長万部町の国道5号と国道37号の交差点から室蘭方向へ3.5km進み、オービスから約60mのあたりを左折すると撮影ポイントの「第一道路踏切」(4.47km)に到達する。

【国土地理院1/25,000地形図】長万部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

寝台特急の最後の力走シーンを
20150210133944-5b48e57cecd9b4c95e58741299ba18b436951d74.jpg

2014.8.13
中司純一(兵庫県)

【ガイド】「トワイライトエクスプレス」「北斗星」の撮影機会も残すところわずかとなった。ここ「カムイチャシ史跡公園」に続く階段は、高低の好みは分れるが、キャパシティが大きな撮影地である。通行の妨げにならないよう配慮して欲しい。画面右上にある構築物を避けるためには、作例程度の画角となる。機関車を含め12輌の8001レの編成最後部がトンネルから抜ける。午前中の下り列車が順光。列車接近時に警告音が発鳴されるとともに、トンネル内の照明が点灯するので、音と視覚で接近の察知が可能。

【レンズ】100mm

【アクセス】礼文駅・大岸駅のほぼ中間地点だが、大岸駅の方がアプローチしやすい。駅北側の道道608号を礼文方向へ。道路が線路をアンダークロスした先にあるキャンプ場が目印。

【国土地理院1/25,000地形図】礼文華

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

噴火湾を望む雄大なSカーブを俯瞰する
20150207115719-cad82b7c02817596842c661afc64cc7630c51712.jpg

2012.1.2
辻 晴穂(北海道)

【ガイド】噴火湾に落ち込む断崖を貫いた大岸トンネル、弁辺トンネルを抜け、雄大なS字カーブを行く下り列車を俯瞰するポイント。背景に海を写し込むことができる室蘭本線屈指の雄大な景観だ。寝台特急は貫気別川前後の直線に収まる。作例は編成を中心としたカットだが、海を入れた雄大なアングルでも撮影できる

【レンズ】320mm

【アクセス】豊浦駅から函館側二つ目の踏切渡る。国道37号を横切り、自動車修理工場そばの坂道を上って、左側の細い道を進むと撮影地点周辺に至る。冬季は足許を固めて危険のないよう撮影に臨みたい。

【国土地理院1/25,000地形図】豊浦

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

直線を見遥かす下り寝台特急の定番ポイント
20141226130348-88ece0e626ec776905fa617c596949285038bb4a.jpg

2014.8.31
鈴木裕大 (神奈川県)

【ガイド】国道37号のオーバークロスから複線非電化で朝の寝台特急を順光で撮影できる定番ポイント。列車移動でも長万部5時39分発の始発列車で7時前通過の「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」の撮影に十分間に合う。撮影地は歩道がなく、路側帯の外側のスペースもあまり広くないので、背後を通る車には十分注意してほしい。
【レンズ】134mm

【アクセス】静狩駅から線路沿いの道を20分ほど進むと右手に国道37号の跨線橋が見えてくる。国道へ右折してすぐが撮影地。道央自動車道長万部ICから国道5号、国道37号で約10km。

【国土地理院1/25,000地形図】長万部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

海を背景にした緩やかなS字カーブ
20141224120101-2a1895b3517c1d830478267c4320a68f8c89bca8.jpg

2014.9.8
石黒義章 (岐阜県)

【ガイド】洞爺駅から国道37号を豊浦駅方向へ向かうと国道と線路がオーバークロスするところがあり、ここからトンネルを抜けてきた列車が海岸線で狙える。朝日を浴びて札幌をめざす寝台特急の編成も収まる好撮影ポイント。小高い丘と海がよいアクセントになり、北海道らしい風景を走る列車の撮影ができる。

【レンズ】80mm

【アクセス】洞爺駅前の国道37号を豊浦駅方向へ。川を渡り進んで行くと国道と線路がオーバークロスするところが撮影地。徒歩15分ほど。 駐車スペースはない。

【国土地理院1/25,000地形図】洞爺湖温泉

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

札幌駅至近のSカーブで寝台特急を
20141219194838-d9ff1ba18876d263fcc84310085ebdc5c87e3f9f.jpg

2014.1.5
佐々木裕治 (北海道)

【ガイド】札幌駅を出発した列車は、苗穂駅を通過した後豊平川を渡りS字にカーブしながら直線を進んで行く。対本州夜行寝台の最初の撮影ポイント。このあたりは複々線になっているので、函館線と千歳線の列車が併行して進む姿も捉えることが出来る。

【レンズ】200mm

【アクセス】苗穂駅から上白石橋を渡り徒歩約20分。札幌市内中心部から車で10分。苗穂~白石間には線路の北側に並行して道路がある。

【国土地理院1/25,000地形図】札幌東部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

C62時代からの有名ポイント、通称"218キロポスト"
141015_GINZAN.jpg

2014.10.12
鈴木裕大 (神奈川県)

【ガイド】函館本線218キロポストをゆく列車を国道5号の跨線橋から狙う。山線らしい山間部の区間で10月中旬~下旬にかけて背景の山々が紅葉で彩る。光線は北を向いての撮影となるため、終日正面に日が回り、午前中が順光。

【レンズ】168mm

【アクセス】銀山駅前から北東へ約1.2km進み、銀山郵便局のところで道道1022号へ左折する。道道から国道5号へ左折した500m先に撮影地がある。小樽市内より国道5号を約40分。

【国土地理院1/25,000地形図】銀山

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

山間を行く「SLニセコ号」を撮る
2014_10_0501.jpg

2014.10.5
椙田俊幸 (東京都)

【ガイド】ニセコ-昆布間の「ニセコ南西橋」という函館本線を渡る道路橋から簡単に撮影出来る場所。線路はほぼ東西に走っているので、上り列車は午後順光、道路橋からは作例のようなニセコ側は晴れれば左後方に羊蹄山を入れて撮影可能。昆布側は北海道らしい、山間の景色で撮影が可能。勾配区間ではないファンサービスで煙を上げて来る場合もある。

【レンズ】40mm

【アクセス】ニセコ駅から函館本線の南側の道路を昆布方向に約km。徒歩約1時間。道央自動車道黒松内南ICから約40km、約50分。

【国土地理院1/25,000地形図】ニセコアンヌプリ

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

上り「トワイライトエクスプレス」を夕方の斜光線の中で
ot_140812_dd.jpg

2014.6.1
鈴木裕大 (神奈川県)

【ガイド】朝の下り寝台特急撮影で人気のある国道37号の跨線橋から、1つ長万部寄りの「第三道路踏切」。ここでは午後の上り列車が順光で撮影できる。ハイライトは何と言っても、17時頃に通過する8002レ「トワイライトエクスプレス」。直線区間で見通しが良く、中望遠~望遠で山をバックに配した構図から、超望遠で列車主体で迫力のある構図まで好みのアングルで狙える。列車通過速度が高いのでできるだけ高速シャッターで。

【レンズ】168mm

【アクセス】静狩駅から長万部方面に線路に沿ったルートで約1.5km。国道沿いのガソリンスタンドを通り過ぎた先を右折すると、撮影地の「第三道路踏切」が見えてくる。車なら道央自動車道長万部ICから国道5号、国道37号と経由して約10km。

【国土地理院1/25,000地形図】長万部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

旧塗装711系をアウトカーブで捉える
ot_40730_711.jpg

2014.7.14
鈴木裕大 (神奈川県)

【ガイド】上り列車を道道1027号のオーバークロスからアウトカーブで撮影できるポイント。特に引退間近の711系は日中、旭川―岩見沢間の普通列車の運用が多いため効率的に記録できる。光線は午前中が順光で作例は2170M。

【レンズ】147mm

【アクセス】砂川駅前の国道12号を滝川方面へ約3km進み、道道1027号へ右折したすぐの跨線橋が撮影地。車では道央自動車道奈井江砂川ICから道道114号、国道12号経由で約10km。

【国土地理院1/25,000地形図】滝川

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

終焉を迎える711系を狙う
-20140713-zenibako.jpg

2014.7.13
佐々木裕治 (北海道)

【ガイド】函館本線は、小樽築港から銭函にかけて日本海を見ながら列車は進んで行く。ここは銭函駅に近く、右手に日本海を入れてり下り列車を撮影するポイント。列車は海岸線を左カーブした後、直線を進んで来る。午前中が順光で、レンズは望遠から標準。
【レンズ】55mm
【アクセス】銭函駅から左(小樽方)に進み、踏切を左手に線路沿いの歩行者道路を進むと海岸線に出る。徒歩約10分。車では札幌市内から約40分。国道5号を銭函駅目指して進む。付近一帯は駐禁。駅前に有料駐車場あり。
【国土地理院1/25,000地形図】銭函

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

サミット目指しエンジン音も高らかに
-20140628-nishinosato.jpg

2014.6.28
佐々木裕治 (北海道)

【ガイド】西の里信号場より600m程札幌寄りの地点で、跨線橋周辺から切り通しの中を札幌方面に向かって快走する下り列車を狙う。勾配はそれほどきつくないがこの辺りがサミットとなり、過密ダイヤで高速運転のため、DD51が牽引する夜行寝台やDF200の貨物列車は、サミット手前までエンジン音を轟かせてやって来る。午後からが順光。
【レンズ】135mm
【アクセス】バス長沼線、北広島線で椴山下車徒歩約10分。札幌市内から40分ぐらい。国道274号を北広島に向かって進み椴山の交差点を右折する。
【国土地理院1/25,000地形図】北広島

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

朝の下り寝台特急を雄大な景色をバックに撮影出来る
2014.7.2.jpg

2014.7.2
佐藤 弘 (北海道)

【ガイド】編成の長い寝台特急や貨物の大カーブを行く姿を捕らえることが出来る。以前から有名なポイントとして知られている場所ではあるが、最近は草木が伸びて見通せる範囲も狭まってきている。それを逆手に利用して、緑の中を行くイメージで。日の出から午前中が順光。紅葉の時期も絶景である。

【レンズ】100㎜

【アクセス】礼文駅から線路沿いに北へ進み、国道37号にでたら右に曲がって1㎞程、線路に一番近い地点。浦ICを降りたら国道37号を長万部方面へ進み5分程。左側に普通乗用車が止められる路側帯がある。

【国土地理院1/25,000地形図】礼文華峠

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

晴れた日に下り特急を三つの山と絡めて撮るポイント
MG_9811.jpg

2014.4.29
塚越孝大(北海道)

【ガイド】有珠山、昭和新山、羊蹄山と三つの有名な山を、順光な昼の下り特急と絡めて撮影するポイント、置き換えが表明されたキハ183系を初め、多数の列車を撮影することが出来る。

【レンズ】50mm

【アクセス】室蘭本線黄金駅を出て、国道の手前の道を道なりに崎守方に進んでゆくと、駐車場が見える、そこの奥の小道を小高い丘に向かって歩く、小高い丘が撮影地、現場には、ツタが多く生えているので、注意。道央自動車道室蘭ICから約10分。

【国土地理院1/25,000地形図】稀府

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

留辺蘂の町外れの石北臨貨順光ポイント
ot_DDDSC_2695.jpg

2013.2.27
相原大樹(神奈川県)

【ガイド】常紋の峠を越えてきた石北本線は留辺蘂より国道39号に併走するストレート区間となる。今や貴重な存在となった臨貨8071列車を最高の光線で撮影することができる。

【レンズ】90mm

【アクセス】留辺蘂駅より国道39号へ出て、北見方へ進み線路を越える陸橋手前を右折し線路沿いをさらに北見方へ。留辺蘂駅より約2.5km徒歩約30分。作例は8時55分撮影。旭川常紋道丸瀬布ICより約30分。

【国土地理院1/25,000地形図】留辺蘂

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

ラッセルシーズンもいよいよ終盤
ot140314_rassel.jpg

2014.3.8
佐々木裕治 (北海道)

【ガイド】剣淵を発車した下り列車は、すぐに右にカーブした後直線を真直ぐ進んで行く。ここは士別駅手前の跨線橋で、遥か鉄橋の向こう側からラッセルの姿を確認できる。跨線橋には高い金網が設置されているので、金網越しに超望遠で正面を狙うか、金網のきれた左側から斜め横を撮影する。特急「サロベツ」の運休や臨時快速の運転で、雪351レの通過時刻が昨年より40分以上繰り上がり、今シーズンは2月上旬から撮影できるようになった。晴れればバックの山々が美しい。

【レンズ】400mm

【アクセス】士別駅から駅前を右(南)側に徒歩約10分。旭川方から国道40号を北上して士別市街に入り右手に西條がある交差点を左折すると跨線橋が見える。

【国土地理院1/25,000地形図】士別

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

流氷に閉ざされた海岸線を行く"ノロッコ号"
140314_de.jpg

2014.2.13
名尾 優 (千葉県)

【ガイド】オホーツク海に最も近い駅として有名な北浜付近は、2月から3月にかけて流氷が接岸する。そんな季節に手軽に海を入れて撮影できるポイントがここ。国道の歩道から安全に撮影ができる。

【レンズ】28㎜

【アクセス】北浜駅前の国道を400mほど網走方向に歩いた付近がポイント。駅から近いが、この季節は防寒対策を万全にしたい。車だと、国道244号で北浜駅を目指すといい。網走の市街地から20分ほどで着く。

【国土地理院1/25,000地形図】藻琴

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

生野駅至近の直線で石北貨物を撮る
140312_.dd51jpg.jpg

2013.2.24
相原大樹(神奈川県)

【ガイド】生野駅すぐそばの踏切周辺より北見方面行き列車を撮影。午前中順光で石北貨物(8071レ)も撮影できる。夏場は草が生い茂ってしまうが、冬場はすっきりとしたストレートで撮影が可能。雪景色なら後補機も存在感が出る。DF200の進出も迫っており、DD51撮影は急いだほうがよい。

【レンズ】70mm

【アクセス】生野駅出口よりすぐ。車なら旭川紋別自動車道丸瀬布ICより約20分。

【国土地理院1/25,000地形図】生野

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

踏切からスラントノーズの「オホーツク」を撮る
tou_sekihoku_hiushinai_01.jpg

2014.2.13
名尾 優(千葉県)

【ガイド】このポイントは、駅から近い踏切で、上下どちらの列車も障害物が少なく撮影しやすいのが特徴だ。4輌〜5輌で運転される特急列車も、楽に構図が決められる。作例は下りの「オホーツク」だが、スラントノーズの先頭車は貴重なので、ぜひ記録しておきたい。

【レンズ】110㎜

【アクセス】緋牛内駅から網走方向に最初の踏切で、徒歩10分程度で着く。踏切名は「第一美幌踏切」(194km673m)車だと、国道39号を北見から網走方向に走行すると、緋牛内の駅入り口を過ぎて間もなく、進行右手にポイントの踏切が見えてくる。冬季は除雪のしかたや降雪量によって、駐車スペースが踏切付近にない場合もあるので注意したい。

【国土地理院1/25,000地形図】端野

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

利尻冨士バックに最果ての地を行く
20140209-²X–Ø

2014.2.9
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】豊富駅を出た上り列車は、豊富市街を過ぎると大きく右カーブして進んで行く。ここは、利尻冨士が見える時の、お薦めポイントの一つ。短編成の列車の撮影に向いており、上下列車いずれも撮影できる。午前中が順光。

【レンズ】135mm

【アクセス】豊富駅から国道40号を名寄方へ徒歩約20分。国道40号豊富市街に入る手前。

【国土地理院1/25,000地形図】豊富

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

単線区間で多彩な列車を撮影できるポイント
tou_hakodate_yamasaki_01.jpg

2014.2.11
名尾 優(千葉県)

【ガイド】ここは、長万部~森間において、数少ない単線区間で、上下どちらの列車にもカメラを向けられるし、被写体も豊富だ。作例のように午前中の下り列車は、晴れていると前頭部に光が当たらないが、背景の山並みが美しい。上りは正午頃まで順光。

【レンズ】132㎜

【アクセス】山崎駅で下車したら、国道5号を函館方向に700メートルほど進むと、最初の踏切がある。これを渡ってすぐに右に入り、住宅地の奥まで行くと、その付近がポイント。直近の踏切名は、「西浜道路踏切」(87km918m)。車だと、国道5号を八雲から長万部方向に走行すると、山崎駅の手前で、右の山崎漁港入口の踏切を渡り、すぐ右に曲がるとポイントに達する。冬季はこの場所より先が除雪されていない場合があるので注意したい。道央道八雲ICから約10分。

【国土地理院1/25,000地形図】八雲

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

噴火湾沿いの名撮影地でブルトレ撮影の合間に朝の貨物列車を
20140108_df200.jpg

2013.10.14
濱井洋輔 (東京都)

【ガイド】ここは朝のブルトレ撮影で有名な噴火湾沿いのポイントだがその対面位置から上り貨物列車を狙う。陽の長い時期だと5時台から朝の斜光を浴びる姿を収めることが出来る。作例は噴火湾を大きく取り込んでいるが、縦位置だと編成重視のアングルとなる。

【レンズ】150mm

【アクセス】函館本線落部駅から国道5号線を長万部方面へ3km程度。車なら道央自動車道落部ICから国道5号線へ出て函館方面へ。すぐにパーキングエリアがある。その先、歩いて3分程度のバス停の裏手がポイント。

【国土地理院1/25,000地形図】落部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

■お立ち台通信のバックナンバーはこちら

■わが国鉄時代バックナンバーはこちら

■国鉄時代バックナンバーのご案内

現在『国鉄時代』はvol.1、vol.9〜21、vol.23〜25が品切れとなりました。他の巻も早めのご購入をお勧めいたします。電話でのご注文はブックサービス(株)0120-29-9625(フリーダイヤル)まで。

kokutetsu36_baner510_01.jpg

ArchivesC57.jpg

waga11_02.jpg

otachidai12_baner.jpg

札幌に向け次から次へと列車が快走
20131207.jpg

2013.12.7
佐々木裕治

【ガイド】札幌方面に向かう下り列車を跨線橋から正面気味に狙う。対本州ブルトレをはじめ、特急、快速、普通がひっきりなしにやって来る。列車は高速で通過していくので、シャッター速度には注意が必要。午前中の早い時間は車体に陽があたり、午後から順光。 

【レンズ】250mm

【アクセス】島松駅からなるべく線路に並行したルートをとって約20分。車なら札幌市内から約40分。

【国土地理院1/25,000地形図】北広島

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

札幌に向け次から次へと列車が快走
20130908_twilight.jpg

2013.9.8
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】札幌方面に向かう下り列車を斜め横の少し高い位置から狙う。対本州ブルトレをはじめ、特急、快速、普通がひっきりなしにやって来る。列車は高速で通過していくので、シャッター速度には注意が必要。午前中の早い時間が順光。

【レンズ】55mm

【アクセス】松駅から道々恵庭江別大通線に出て、北広島方へ20分ほど歩くと、右手に跨線橋がある。車なら札幌市内から約40分。

【国土地理院1/25,000地形図】北広島

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

単行列車がのんびりと進む
ota_130517_kiha.jpg

2013.4.28
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】天の川の支流神明ノ沢川に架かる神明沢鉄橋を渡る上り列車を撮影する。撮影ポイントは神明駅から近いが、列車は1日6往復しか運転されていないので、車利用となろう。江差線木古内-江差間は、2015年に予定されている北海道新幹線開業後、五稜郭-木古内間が第3セクターに移行すると孤立化するため、今後の取り扱いが注目されていたが、JR北海道と地元市町との間でバス転換が合意され、来年5月に廃止されることとなった。レンズは広角から標準系、午後から順光となる。

【レンズ】45mm

【アクセス】神明駅横の道路を右側に120m程進むと、左手に鉄橋に向かう道路がある。駅から約5分。車なら木古内から道道5号を江差方へ進み約25分。

【国土地理院1/25,000地形図】神明

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

手稲運転所から札幌へ向かう列車の撮影ポイント
ota_030501_711.jpg

2013.4.27
佐々木裕治 (北海道)

【ガイド】追分通りが函館本線をオーバークロスする跨線橋の歩道橋から、札幌方面に向かう下り列車を撮影する。札幌市内にあって比較的すっきりしており、定期列車の他に、札幌運転所から札幌駅へ回送される列車が通るので、特急列車の回送を含め運転本数は極めて多い。午前中が順光で、使用レンズは、広角から標準系。架線を画面内でうまく処理したい。

【レンズ】45mm

【アクセス】発寒駅手稲方へ向かって約10分。札幌西ICから約5分。

【国土地理院1/25,000地形図】札幌北部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

ラッセルシーズンも終盤、日が長くなってきたこれからが狙い目
130311_de.jpg

2013.2.9
佐々木裕治

【ガイド】中愛別で上り特急「オホーツク」と交換した雪551レは、中愛別を出発すると右カーブした後直線をしばらく進み、次に左にS字カーブしながら第五石狩川橋梁を渡って行く。ここは橋梁手前の踏切横から狙うポイントで、雪551レは踏切のかなり手前で羽根を閉じるので、羽根を閉じる寸前を300mm以上の望遠系で狙うとよい。昨年から旭川運転所のノロッコ色は2輌(1533・1534号機)体制となり、ノロッコ色が運用に入る機会が増えた。

【レンズ】320mm

【アクセス】中愛別駅より徒歩約25分。車なら国道39号を上川方へ進み、中愛別橋手前の左側に踏切がある。

【国土地理院1/25,000地形図】中愛別

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

駅近くで手軽にラッセルを狙う
20130113_tesionakagawa.jpg

2013.1.13
佐々木裕治 (北海道)

【ガイド】天塩中川駅から名寄方に600m程進んだところに、森林公園キャンプ場に向かう人道橋が設置されており、その上から撮影する。町並みが構図に入ってしまうので縦位置で狙う。晴れればバックの山々が美しい。駅から近く列車利用の方にもお薦め。人道橋の階段は除雪されておらず滑りやすいので注意すること。

【レンズ】300mm

【アクセス】天塩中川駅から音威子府方に向かって約10分。車なら音威子府から国道40号を北上し約40分。

【国土地理院1/25,000地形図】天塩中川

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

海と山を背景に夕暮れの「トワイライトエクスプレス」が南下する。
IMG_4351.jpg

2012.6.30
中坊正男(京都府)

室蘭本線/大岸-礼文

【ガイド】道南エリアでも、洞爺から函館よりで午後遅い目に順光で撮れる区間である。大岸駅から徒歩でも行ける距離で有名撮影地のカムチャイシ史跡公園の撮影地と大岸駅のほぼ真ん中にある。背景に山と噴火湾それに豊浦町の町並みが入りロケーションも良い。上りの貨物や「スーパー北斗」「トワイライトエクスプレス」を撮るのに適している。天気がいいと洞爺湖サミットで有名なウィンザーホテル洞爺が見える。しかし、8002レを撮影する際、下りの「スーパー北斗13号」と付近ですれ違ってします場合がある。ちなみにこの日は「スーパー北斗」が遅れていた。

【レンズ】75㎜

【アクセス】室蘭本線大岸駅を下車。左に曲がり礼文方面に進むと右手に民家がありすぐ左側には海岸へと抜けるトンネルがあり、その付近。線路から十分距離をとって安全を確保してほしい。車なら道南自動車道豊浦IC下車。右に曲がりガソリンスタンドのある交差点を左折し道なりに2㎞ほど進む。海岸付近に駐車スペースがあるが、他の利用者の配慮を願いたい。

【国土地理院1/25,000地形図】豊浦

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

カーブの外側からスピード感のあるアングルで
ota_121214_soya.JPG

2012.4.30
早瀬 洋(北海道)

【ガイド】宗谷本線下り列車のカーブをやや高い位置から撮影できるポイント。ただし、列車の本数が少ない。稚内駅からならバスで「禎心会病院」で下車すると便利。

【レンズ】200mm

【アクセス】南稚内駅から徒歩50分ほど。駅を出たら信号を右折して3つ目の大黒四丁目交差点を右折、突き当たりまで直進して右折、坂道を少し上がる。南稚内駅から10分ほど。こまどりスキー場付近です。

【国土地理院1/25,000地形図】南稚内

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

見通しのよい直線で奥行き感のある写真を撮る
120913_dd_sekihoku.jpg

2012.8.26
佐藤 弘(北海道)

【ガイド】生野~生田原には、線路への見通しが利く場所が幾つか存在する。この区間、早朝の下り8071レを国道側から狙うと逆光になってしまうが、踏切を渡って逆に回れば光線の具合も申し分ない。青空を強調したい時は縦構図で、編成のみを撮る場合は横構図が良い。

【レンズ】40㎜

【アクセス】生野駅と生田原駅のちょうど中間にある踏切を渡る。それぞれの駅から3㎞程。旭川からは旭川紋別自動車道を丸瀬布ICで降りてさらに30㎞。北見からは40㎞。

【国土地理院1/25,000地形図】生田原

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

太平洋岸を走る気動車
120913_dd.hidaka.jpg

2012.9.2
山谷憲嗣(北海道)

【ガイド】日高本線は鵡川を出ると国道から離れて海側に向かい、鵡川漁港のある汐見の先から崖と海に挟まれた狭い部分行く。ここは手前に太平洋を入れて撮影できるポイント。写真は上り列車で午後から順光。午前中は反対側から下り列車が順光となる。この場所は富川から沙流川の河口に出て、海沿いの細い道を行く。途中、砂浜を走るので4WDがよい。

【レンズ】300m

【アクセス】富川駅を右折、沙流川の土手を河口に向かい、海に出たところから約1.5km海岸沿いに苫小牧側に向かう。富川駅から、約10分。途中、砂浜を走行します。

【国土地理院1/25,000地形図】鵡川

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

陸橋から雄大な風景の中を行く列車を陸橋から
tou_nemu_onbetsu.jpg

2012.7.22
名尾 優(千葉県)

【ガイド】このポイントは、国道38号が根室本線をオーバークロスする陸橋から、直線部分を走行してくる上り列車を手軽に撮影できる。付近には飲食店や商店はもとより、民家もほとんどない場所なので、食料や飲料は音別や白糠で調達しておくことをおすすめしたい。昼前くらいまで順光。

【レンズ】135mm

【アクセス】駅から遠いので、徒歩でのアクセスは現実的ではない。国道38号を帯広から釧路方向に走行すると、音別の駅を進行右手に見て通過する。少し行くと右手の海岸線を走っていた根室本線が内陸部に入る所に、音別跨線橋がある。そこがポイント。国道の路肩駐車は大変危険なので、陸橋の側道付近の駐車スペースを利用してほしい。音別駅前から10分ほど。

【国土地理院1/25,000地形図】音別

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

道内最長の石狩川橋梁に向け築堤を行く
20120526_ishikari.jpg

2012.5.26
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】札幌へ向かう上り列車は、石狩太美を出ると田園地帯を直線で進み、撮影ポイント手前で左カーブし、石狩川橋梁に向けて築堤を登って行く。10月には札幌~北海道医療大学の全列車が電車化される予定で、ここを走る気動車も今のうち記録しておきたい。午後からが順光。

【レンズ】50mm

【アクセス】撮影ポイントは駅の中間地点で、徒歩の場合あいの里公園、石狩太美いずれからも約40分要する。札幌方から石狩大橋を渡り、すぐの交差点を右に入ると踏切が見える。

【国土地理院1/25,000地形図】札幌東北部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

朝の夜行列車を狙う
79DSC_9870-01.JPG

2012.4.29
相原大樹(神奈川県)

【ガイド】木古内から程近く、江差線と分岐する付近にて本州からやってくる午前中の下り列車を順光で狙える。夏至の頃には8009レ「カシオペア」や8001レ「トワイライトエクスプレス」も撮影可能である。作例は1レ「北斗星」だが、貨物列車など長大編成の列車はS字で撮影できる。

【レンズ】110mm

【アクセス】木古内駅前の道を海側に進み、2つ目の信号を右折して知内方面に。さらに2つ目の信号を右折した踏切付近。徒歩約15分。車なら函館茂辺地道路北斗茂辺地ICから約20分。

【国土地理院1/25,000地形図】木古内

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

夏限定 急行「はまなす」
22608033_1672062092_4large.jpg

2012.6.8
相原大樹(神奈川県)

【ガイド】千歳線の札幌方面行き列車を線路にかかる陸橋から狙う。夏場の朝早い時間しか陽は当たらないが、急行「はまなす」が通過する5時44分頃は線路際の木々に光線が遮られてしまうため、曇りの日がベストである。また、長編成向きではないためはまなすも通常編成向けの撮影地である。

【レンズ】102mm

【アクセス】北広島駅西口から、北進通を左折し島松方面に2つ目の信号を再度左折し、中央通が千歳線にかかる陸橋が撮影地。駅からは徒歩約10分。道央自動車道北広島ICから約15分。

【国土地理院1/25,000地形図】北広島

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

朝日を受けて寝台列車が続行でやって来る
ota_120614_towa.jpg

2012.4.30
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】礼文華と言えば大カーブの俯瞰が有名だが、ここは下り列車が礼文駅を通過する手前の左カーブを踏切から狙うポイントで、礼文駅から近い。「トワイライトエクスプレス」の通過時間は7時16分で、「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」の両列車の運転日には、両列車が続行してやって来るので効率が良い。日の長い時期に狙わないと、正面に日が当たらない。

【レンズ】150mm

【アクセス】礼文駅から長万部方へ向かって最初の踏切、徒歩7分。

【国土地理院1/25,000地形図】礼文華峠

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

「SL函館・大沼」号の姫川発車を狙う
ota_120509_c11.JPG

2012.4.30
相原大樹(神奈川県)

【ガイド】特急「北斗4号」と交換のため、「SL函館・大沼」号は姫川駅で停車する。煙の期待できる駅発車を狙う。。光線はあまりよくないが人気の撮影地であり、天気のよい日は背景に駒ヶ岳を入れることができる。

【レンズ】155mm

【アクセス】姫川駅より森方へ約5分。車なら道央道森ICから約10分。

【国土地理院1/25,000地形図】姫川

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

駅近撮影地でバラエティ豊かな列車を
120328_towa.JPG

2011.8.21
相原大樹(神奈川県)

【ガイド】苗穂駅を通過している白石方へ向かう列車を、苗穂駅前から道路沿いに白石方へ歩いた所で背丈ほどのフェンス越しに狙うポイント。振り向けばすぐ反対側に4線区間の有名な撮影地がある。苗穂駅より札幌方へ行くと近くに苗穂車両所を入出庫する列車も撮影でき、近辺でバラエティー豊かな列車を撮影できるお手軽ポイント。なお、撮影にあたっては、通行人の邪魔にならないように配慮をしていただきたい。

【レンズ】135mm

【アクセス】函館本線苗穂駅前の道路を白石方へ道路沿いに白石方へ300m程歩いた付近。駅からは徒歩5分程度。近くに駐車スペースはありません。

【国土地理院1/25,000地形図】札幌

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

壮大な斜里岳をバックに
120322_.jpg.jpg

2012.2.28
淺井尚之(広島県)

【ガイド】道東の冬の風物詩「流氷ノロッコ号」は3日おきに整備のために釧路を往復する。回送列車は当日の「ノロッコ号」の運用を終了した後、釧路に向かい、翌早朝釧路から帰ってくる。知床富士の異名のある斜里岳をバックに入れて爽快な写真がとれる。望遠系で斜里岳を強調してもよく、アングルのバリエーションは豊富。

【レンズ】70mm

【アクセス】中斜里駅から知床国道・国道334号に出て知床斜里方向へ徒歩約20分。車なら知床国道・国道334号を斜里方向へ進み、峰陽橋手前を左折したところが撮影ポイント。

【国土地理院1/25,000地形図】斜里

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

特急「サロベツ」が編成をくねらせて駆け抜ける
120422_souya.jpeg

2012.2.25
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】初野-美深間はほぼ直線だが、中間地点に逆S字カーブがある。付近では、道央自動車道の橋脚の建設工事が進んでおり、いずれこの光景も撮影できなくなりそうだ。列車が車体をくねらせて走る姿は面白い。ビデオ撮影にもお薦めで、長目のレンズが必要。

【レンズ】450mm

【アクセス】美深駅から音威子府方へ徒歩約15分。名寄方から国道40号を北上し、美深小学校を越えて次の踏切。

【国土地理院1/25,000地形図】美深

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

お手軽撮影地で夜行列車を撮影
120221_dd.JPG

2011.8.22
相原大樹(神奈川県)

【ガイド】黄金駅から崎守方にある1つ目の踏切付近から下り列車を狙うポイント。「北斗星」など長大編成もすっきりと、広角から望遠まで好みのアングルで自由に撮れる、午前中早めが順光。

【レンズ】200mm

【アクセス】室蘭本線黄金駅から駅前の道を国道37号方に向かって歩き、1つ目の信号手前を右に曲がり、道なりに500m程行くと撮影地の踏切に着く。駅からは徒歩10分程度。車なら道央自動車道室蘭ICから3km程約10分。

【国土地理院1/25,000地形図】黄金

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

15‰の上り勾配をゆく「SL冬の湿原号」
120221_c11.JPG

2012.2.2
原田敬司(兵庫県)

【ガイド】釧路を出発した「SL冬の湿原号」は快走、沿線随一の見所である釧路湿原に入っていく。釧路湿原駅を過ぎた頃、スピードがぐっと落ち、蒸気機関車の鼓動がより激しさを増す。この付近は上り15‰で、奮闘振りが撮影できる。通過時刻は逆光気味となるので露出の調整は慎重に。

【レンズ】172mm

【アクセス】釧網本線釧路湿原駅より細岡展望台方面へ坂道を上り途中の三叉路を左手に曲がり線路方向へ下っていく。10分程度で二瓶踏切に着く。踏切周辺での撮影になる。車なら釧路市内から国道391号で約40分。細岡展望台を目指す。展望台の駐車場を利用する。

【国土地理院1/25,000地形図】細岡

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

石狩川第6橋梁を行く特急「オホーツク」を狙う
ota_120216_183.jpg

2012.2.19
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】定期列車で走行する183系気動車特急は、今や「北斗」「サロベツ」「オホーツク」だけとなり、中でもスラントノーズを先頭とした183系は「オホーツク」だけとなってしまった。最近では旭川起点で札幌方がスラントノーズ、遠軽方が貫通型という編成を多く見かけるが、貫通型の運用の都合で、余剰気味のスラントノーズが両側に連結される日もある。

【レンズ】110mm

【アクセス】東雲駅から上川方へ徒歩約10分。国道39号を旭川から上川方へ進み、上川大橋手前左手の踏切。

【国土地理院1/25,000地形図】中愛別

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

正面から迫力ある写真を
takashiharada20120214.JPG

2012.1.31
原田敬司(兵庫県)

【ガイド】北海道の冬の風物詩として、すっかり定着した感がある、白煙たなびく「SL冬の湿原号」。釧路行きの上り列車を遠矢駅の跨線橋よりお手軽に撮影出来るポイント。釧路湿原を駆け抜けて釧路に向けて力行する蒸気列車を北海道らしい山々を背景に切り撮ることが出来る。作例は望遠系で迫力ある煙を強調している。駅近くにはケーブルがあるため広角系では工夫が必要である。

【レンズ】270mm

【アクセス】釧網本線遠矢駅の跨線橋。車なら車なら釧路市内から国道391号線で約20分。遠矢駅に駐車スペースがある。

【国土地理院1/25,000地形図】遠矢

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

冬限定の撮影地、札内川橋梁を渡る「スーパーおおぞら4号」
ota_120217_oozora.jpg

2012.1.15
小林 仁(東京都)

【ガイド】帯広近郊の撮影地。夏は木々が茂り見通せないが冬なら葉が落ち「スーパーおおぞら」でも全編成が望める。河川敷からの撮影も可能能。

【レンズ】200mm

【アクセス】帯広駅から線路に沿いのルートをとって徒歩20分ほど。旧広尾線の廃線跡をたどり、そこから上流に向かうのも良い。

【国土地理院1/25,000地形図】帯広南

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

遠軽町のシンボル「瞰望岩」を背景に列車を撮影できるポイント
2012.12.19.jpg

2011.12.19
佐藤 弘(北海道)

【ガイド】湧別川に掛かる遠軽橋は、すぐ横を石北本線が走っている。その遠軽橋の歩道から狙うと、瞰望岩を背景にして、その前を通過する列車を撮影できる。線路までの距離が近いので、広角レンズがお勧め。作例(8071レ)のように編成の長い列車は橋の南端から、編成の短い列車は橋の中央よりがベストポジションとなる。日の出にから午前中が順光である。

【レンズ】30㎜

【アクセス】遠軽駅から徒歩で10分ほど。車では、旭川方面から旭川紋別自動車道丸瀬布ICを降りて約20㎞、国道333号から国道242号を経て遠軽町の市街地に入る。

【国土地理院1/25,000地形図】遠軽

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

非電化複線区間を行く貨物列車を正面気味に撮影する
ota_111214_df200.JPG
2011.6.19
石原幸司(北海道)

【ガイド】非電化複線区間のゆるやかなアウトカーブから撮影できるポイント。豊浦駅からも近く、国道の歩道からの撮影となる。作例のように貨物列車だと編成の最後まで収まりきらないが、正面がちに迫力ある写真を撮ることができる。午前中から昼過ぎまでが順光となる。
  
【レンズ】320mm

【アクセス】駅前の道を大岸方面に進み、1つ目の踏切を渡り国道に出たら左折。そこから300mほど先のコンビニの前が撮影ポイント。道央道虻田洞爺湖ICから約8km。

【国土地理院1/25,000地形図】豊浦

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

雄大な景色と「SLニセコ号」発車を撮る
takashiharada20111111_1.JPG

2011.11.3
原田敬司(兵庫県)

【ガイド】"体感・秋旅情"道央の観光シーズンとして定着感のある「SLニセコ号」は函館本線山線の季節感ある風景を車窓に多くの観光客、レイルファンを楽しませてくれる。このポイントはニセコ大橋の歩道側より上り列車の発車シーンが狙える。羊蹄山、尻別川、旧転車台、倉庫などを絡めた思い思いの構図で写真が楽しめる。「SLニセコ号」は例年9月から11月までの期間に運転される。

【レンズ】36mm

【アクセス】ニセコ駅より徒歩約10分。車なら小樽より国道5号(羊蹄国道)を倶知安、函館方面へ約90分。「ニセコビュープラザ」のある交差点を右折、ニセコ駅方面へ。ニセコ大橋南端側に駐車場がある。

【国土地理院1/25,000地形図】ニセコ

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

羊蹄山をバック下り列車を撮る
11109_hokuto.jpg

2011.11.1
佐藤 弘(北海道)

【ガイド】天気が良ければ線路の先に雄大な羊蹄山を望むことができる。その羊蹄山を背景に、下り列車がこちらに迫って来るところを望遠レンズで狙う。午前中が順光。超望遠を使用すれば、背後の山が壁のようになって、列車が立体的に浮き出た写真になる。

【レンズ】300㎜+1.4×

【アクセス】黄金駅から約300m南にある踏切。車なら道央道室蘭ICで降りると、室蘭環状線(道道107号)から胆振国道(国道37号)へ抜けて5分ほど。

【国土地理院1/25,000地形図】本輪西

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

縦アングルで特急・貨物列車を撮る!
20110709_df.JPG

2011.7.9
坂下太一(北海道)

【ガイド】この撮影ポイントは根室本線上りの貨物列車・「スーパーおおぞら」などの長い編成向けの撮影ポイント。貨物列車は新富士駅を出てすぐなのでスピードも遅く撮りやすい。「スーパーおおぞら」はコーナーを全速力で駆け抜けていく。午後が順光。昼ごろは車輌の右サイドに光が当たるので左サイドは陰になるが夕方になると正面から日があたる。撮影ポイントは歩道。

【レンズ】200mm(320mm換算)

【アクセス】根室本線新富士駅前の通りを大楽毛方向に15分歩き、道道860号(星ヶ浦東通)の歩道より。釧路駅より車で約5分

【国土地理院1/25,000地形図】大楽毛

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

奥深い森林をバックにアウトカーブから臨時貨物を捉える
rm20100920AAA_0554.JPG

2010.9.20
姫野成広(北海道)

【ガイド】この場所は白滝駅周辺にある山を背景に下り臨貨が撮影できるポイント。特に色づき始めた紅葉時期が美しい。列車は半径600mのカーブをほぼスピードを落とさずに進入してくるので、フランジ音を響かせながら通過していく様は圧巻である。このカーブに差し掛かる手前を超望遠レンズで狙えば作例の様に迫力ある写真が撮れる。撮影に障害となる草木は毎年伐採されているためアングルに悩まされることは無い。光線は昼前までが順光となるが、夏終盤になると向かって左手より山影が伸びてくることから、影が薄くなる曇天も狙い目となる。ただし踏切周辺のみ除雪されないので撮影地までのアクセスには注意。

【レンズ】450mm

【アクセス】】旧白滝駅より白滝駅方向に国道333号線を約1.5km。右手にSAITOH FARMがある近くの内田踏切を渡った右手が撮影地。

【国土地理院1/25,000地形図】白滝

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

大雪山連峰をバックに列車を狙う
ota_110211 de10.jpg

2011.2.6
佐々木裕治(北海道)

【ガイド】北海道の屋根旭岳(向かって右)を主峰とした大雪山連峰をバックに列車を撮影するポイントの1つで、空気が澄んでいると大雪山連峰が見える確率が高い。短編成の列車の撮影に適している。2月に入り日が長くなってきたので、シーズン終わりのまで定期ラッセルの撮影も楽しめる。

【レンズ】170mm

【アクセス】b北日の出駅から北へ徒歩3分。東旭川駅からは約15分。車なら道央自動車道旭川北ICを東旭川方向に進み約10分。

【国土地理院1/25,000地形図】永山

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

石北本線の雄「特急オホーツク」
110201_okhotsk.jpg

2010.9.29
藤谷義明(埼玉県)

【ガイド】「安国の国道クロス」として下り石北臨貨の撮影等では有名なこの地。背後となる上り側も直線を俯瞰気味にすっきりと撮影出来る。安国駅からも徒歩圏で列車移動派にもお勧めのポイント。なお、交通量の多い国道の陸橋付近からの撮影となる為、通行車両には十分注意していただきたい。

【レンズ】85mm

【アクセス】安国駅から駅前の国道を左へ1kmほど。遠軽市街から国道242号線経由で約10分、安国駅手前で国道が左へ分岐した付近。

【国土地理院1/25,000地形図】遠軽

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.