鉄道ホビダス

DT22A TR51A / 水島臨海鉄道キハ20形

 
656:DT22A
DT22A(動台車/キハ208)

657:TR51A
TR51A(付随台車/キハ208)
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:軸箱守(ウイングばね) 枕ばね:コイルばね

 DT19/TR49系に代わり、電車用のDT21をベースに開発された気動車用台車がDT22/TR51系である。昭和32年度にキハ55系の増備車でDT22/TR51が採用されて以来、改良を重ねられ、系列の台車はキハ40系まで長年に渡って採用され続けた。DT21と外観はよく似ているが、ブレーキシリンダは車体取付で台車枠にはない。
 DT22A/TR51Aは当初のDT22/TR51の成果を反映し、一部改良を加えた実質的な量産型。昭和33年度のキハ20系・キハ55系増備車から採用され、後にキハ58系にも踏襲された。後年、キハ20系やキハ58系は昭和38年度から改良型のDT22C/TR51Bに移行している。
 写真は水島臨海鉄道で活躍を続けるキハ208(元JR四国キハ20 318)のもの。
A Mizushima seaside railroad kiha20 type diesel car of Okayama. A former Japanese National Railways kiha20 type. 1960 production.
2011.11.21 倉敷貨物ターミナル P:高橋一嘉

2011.12.7作成

LINK 国鉄型気動車用台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.