鉄道ホビダス

NS-504 / 広島電鉄2000形

 
330:NS-504
NS-504(2003) 写真:2007.11.16 天満町 高橋一嘉

 日本車輌の台車形式のうち、500番代はスイス・SIG社との技術提携により製作されたトーションバー台車の区分。その名の通り、枕ばねにコイルばねや板ばねに代わってトーションバー(ねじり棒ばね)を用いたものである。このNS-504は広島電鉄2000形電車のうち、1960(昭和35)年に登場した2001~2003号に組み合わせられたもの。2000形は市内線・宮島線直通用であり、路面電車スタイルながら1台車2個モータ(吊り掛け駆動)である。写真は2003号のもの。軸受部分に日車の社紋とともにSIG社のロゴがある。なお、2004号以降はNS-508Bに変更されている。
軸距:1600mm 車輪径:660mm 軌間:1435mm
軸箱支持:円筒案内式 枕ばね:トーションバー

Hiroshima Electric Railway 2000 type. A 1960 appearance.
2007.12.13作成

参考文献
復刻版 私鉄の車両3 広島電鉄
飯島 巖 青野邦明 荒川好夫(2002年 ネコ・パブリッシング)
『日車の車輌史 写真・図面集-台車編』
日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会(2000年 鉄道史資料保存会)

LINK
これまでに収録した広島電鉄関連の台車
これまでに収録した路面電車関連の台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.