鉄道ホビダス

KD18 / 小田急電鉄3000形SE車

 
312:KD18
KD18(T台車/サハ3023-デハ3024) 写真:2007.10.21 海老名検車区 高橋一嘉 

 1957(昭和32)年に登場した小田急電鉄の特急電車、3000形SE車のT台車(M台車はKD17)で、日本の鉄道車輌で基礎ブレーキ装置に初めてディスクブレーキを採用した台車である。M台車に比べ軸距が200mm短い。車輪径は御殿場線乗り入れ改造前は840mmであった。3000形は1992年に全廃。写真は保存車のもの。
軸距:2000mm 車輪径:860mm 軌間:1067mm
軸箱支持:湿式円筒案内式(シュリーレン) 枕ばね:コイルばね

Limited express train 3000 type SE (Super Express) of Odakyu Electric Railway. A 1957 appearance.
写真:1993.3.9 大野工場 RM 2007.10.22作成

参考文献
復刻版私鉄の車両2 小田急電鉄
飯島 巌・小山育男・諸河 久(2002年 ネコ・パブリッシング)

LINK
これまでに収録した小田急電鉄関連の台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.