鉄道ホビダス

C-DT61A C-TR245A / JR東海383系

 
247:C-DT61A
C-DT61A(M台車) 写真:1996.10.7 神領電車区 RM

248:C-TR245A
C-TR245A(T台車) 写真:1996.10.7 神領電車区 RM

 1996年に登場したJR東海の振子式特急型電車383系量産車の台車。コンピュータ制御の空気圧シリンダにより車体の振子動作をスムースに行う制御付き自然振子方式を採用し、振子機構には381系のコロ式に代わって転がり抵抗の少ないベアリングガイド式を採用している。車体傾斜角度は381系と同じ最大5度。また線路への横圧抑制のため、各台車の車端側軸箱(写真では共に左側)の支持剛性を柔らかくすることで自己操舵機構を持たせている。
軸距:2250mm 車輪径:810mm 軌間:1067mm
軸箱支持:円錐ゴム 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

383系ワイドビューしなの
JR東海383系量産車:RailMagazine159号参照  2007.4.13作成

LINK
これまでに収録したJR東海の台車
これまでに収録した国鉄電車関連の台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.