鉄道ホビダス

吾妻線の最近の記事

白砂川橋梁を渡る特急「草津」
2008.7.13-Kusatu-Sukawa_bridge.jpg
2008.7.13
木村成崇(群馬県)

【ガイド】「白砂川(須川)橋梁」を渡る列車を山々を背景に狙います。旧長野原線の「太子線」跡がここから分岐しており、今でも旧「白砂川(須川)橋梁」の橋脚跡と線路敷・トンネルが残存しています。ここから終点の大前駅までは昭和46年に延伸開通した区間。その延伸区間最初の鉄橋が(新)「白砂川(須川)橋梁」です。白砂川(須川)と国道292号線(旧道)を渡る高い下部トラスの鉄橋。木々が深い場所ですので季節に応じてきれいな山間の風景と共に鉄橋を渡る迫力あるシーンを撮影出来、なおかつ列車の通過合間に旧「太子線」の線路跡も楽しめるため「トワイライター」の方にはオススメの場所です。

【レンズ】150㎜相当

【アクセス】吾妻線長野原草津口駅から駅前の国道145号線(旧道)を群馬大津方向へ約250~300mほど進む。白砂川(須川)橋梁周辺が撮影地。長野原草津口駅から約10分ほど。長野原草津口駅から約15分ほど。車なら関越自動車道赤城ICから約1時間ほど。

【国土地理院1/25,000地形図】長野原

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

吾妻線/袋倉-万座鹿沢口

吾妻線115系を手軽に俯瞰撮影
mannzakazawaguchi.JPG

2006.5.1
石渡隆明(千葉県茂原市)

【ガイド】115系を俯瞰で、ズームを使えば350mm位から広角まで多くのカットを撮影できるポイント。
架線柱は線路の奥なのですっきり撮れる。万座鹿沢口から800mなので、徒歩でも楽。作例写真は満開の桜を背景に出来たが、来年この時期に115系が残っているかは不明。ポイントのすぐ下は広場になっている。

【レンズ】200mm

【アクセス】万座鹿沢口駅前の国道を右に、600mで線路に沿った道が右に分かれるのでこの道を200m位行くと上り坂になるこの坂の途中。

【国土地理院1/25,000地形図】大前

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

吾妻線/万座鹿沢口─大前

残り少ない115系が活躍する吾妻線 終着駅付近
吾妻線/万座鹿沢口~大前.JPG

2006.5.2
石渡隆明(千葉県茂原市)

【ガイド】 終着駅大前から徒歩1分と非常にわかりやすい場所。浅間山が作り出した溶岩断崖の奇景を背景に、架線柱は線路の奥なので邪魔にならず、すっきりした編成写真が撮れる。ただし大前まで来る列車は4時間に1本なので、列車での撮影(徒歩)には不向き。

【レンズ】 70mm

【アクセス】大前駅から左、国道に出る道の橋の上。ホームから見える。徒歩1分。車なら、関越道渋川伊香保ICから国道353号を草津方面に2時間。万座鹿沢口駅を過ぎて、10分程。嬬恋村役場前を大前駅へ行く枝道に入り、坂道を下った橋の上。

【国土地理院1/25,000地形図】大前

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.