鉄道ホビダス

FS369A FS069A / 阪急電鉄6300系

 
647:FS369
FS369A(M台車)

648:FS069A
FS069A(T台車)
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:Sミンデン式 枕ばね:空気ばね(ダイレクトマウント)

 原形式のFS369/FS069は1967(昭和42)年に登場した阪急3300系および5000系で採用された台車。Sミンデン式台車としては初期の作品で、阪急では初めてダイレクトマウントの空気ばねを採用した。1971(昭和46)年登場の5100系からは空気ばねの大型化などの変更によりFS369A/069Aに区分され、以後、途中でSUミンデン式に変更されながらも形式は変更されることなく8000・8300系まで採用が続いたロングセラーである。基礎ブレーキ装置は踏面片押し。写真は「京とれいん」に改造された京都線6300系のもの。
A Hankyu 6300 series train. Limited express use between Osaka - Kyoto. A 1975 debut.
2011.3.11 正雀車庫 P:高間恒雄

参考文献
「住友金属の台車26」鈴木光雄(『鉄道ピクトリアル』№478所収/1987年 電気車研究会)

2011.4.26作成

LINK これまでに収録した阪急電鉄関連の台車 FS45 FS333 FS369A FS069A FS565 FS065

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.