鉄道ホビダス

DT32 TR69 / JR東日本107系

 
485:DT32
DT32(M台車/クモハ107-2)

486:TR69
TR69(T台車/クハ106-2)
軸距:2100㎜ 車輪径:860㎜
軸箱支持:軸箱守(ウイングばね) 枕ばね:空気ばね

 DT32/TR69系台車は1962(昭和37)年登場の交直流急行型電車451・471系から採用された、国鉄の電車用空気ばね台車のロングセラー。それまでの空気ばね台車であったDT23/TR58(151系)、DT24/TR59(153・157系)に比べ、下揺れ枕を省略したインダイレクトマウント構造を採用、加えて大径心皿の採用により側受を廃止したもので、以後改良を重ねつつ165系、481系、181系100番代、581系などから185系までの国鉄急行・特急型電車(381・781系を除く)、さらに117系など一部の近郊型にも採用された。基礎ブレーキ装置はM台車:踏面片押し、T台車:ディスクブレーキ。
 写真は165系から転用されたJR東日本107系電車のDT32/TR69。
107 series trains of JR East. A 1988 debut.
新塗色に衣替えした日光線用107系電車。 2009.3.19 小山車両センター P:RM(新)

日光線用107系については次号のRailMagazineで紹介の予定です。

2009.3.26作成

LINK これまでに収録した国鉄電車用台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.