鉄道ホビダス

DT72 TR256 / JR東日本E721系500番代

 
106:DT72
DT72

107:TR256
TR256
 
 仙台空港鉄道との相互直通運転開始に備え2006年に誕生したJR東日本の一般型交流電車E721系500番代の台車である。E721系は仙台地区の低いホームでも扉部分のステップを不要とする低床構造がその特徴であり、台車もE531系のDT71/TR255を基本としながら、低床化に対応して車輪径はひとまわり小さくE351系などと同じ810㎜となり、M台車の大歯車も小型化されている。牽引装置は1本リンク式。各軸には軸ダンパを装備。また、先頭台車はアルミナ噴射による増粘着装置を装備している。
軸距:2100mm 車輪径:810mm
軸箱支持:軸梁式 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

写真:2006.3.28 仙台車両センター RM(青柳 明)
E721系
低床構造の独特のスタイルが特徴的なE721系。仙台空港鉄道SAT721系も同一仕様の兄弟車である。
JR東日本E721系:RailMagazine273号参照 2006.4.18作成 2007.6.8更新

これまでに紹介したJR東日本の電車関連の台車のリンク
これまでに紹介した国鉄形式の電車関連の台車のリンク

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.