鉄道ホビダス

KD310 KD310A/近畿日本鉄道16400系ACE

 
29:KD310
KD310(M台車)

30:KD310A
KD310A(T台車)

 近鉄の狭軌線(南大阪線・吉野線)用特急車16400系のボルスタレス台車。長らく近畿車輛製のシュリーレン台車を使用してきた近鉄特急だが、1992年登場の22000系で採用された初のボルスタレス台車KD304から軸箱支持方式が積層ゴムブッシュ片側軸箱支持に変更された。この16400系は22000系の狭軌線版として1996年に登場したもので、台車はKD304をベースに狭軌線に合わせた仕様に変更したものを履く。KD304ではディスクブレーキを併用していたが、このKD310・310Aでは踏面ブレーキ(片押し)のみとなった。また、全電動車方式の22000系に対して16400系は1M1Tの2輌1ユニットのため、T台車の設定がある。
 なお、写真は登場時のものだが、写真に見られるヨーダンパは後に撤去されている。先に紹介した東武鉄道100系のSS115とは逆の例ということになる。
軸距:2200mm 車輪径:860mm
軸箱支持:積層ゴムブッシュ片側軸箱支持 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

写真:1996.5.17 天美車庫 RM
YoshinoExp.jpg
16000系、26000系“さくらライナー”の歴代吉野特急と並んだ16400系(手前)。

2005.11.15作成

これまでに紹介した近畿日本鉄道関連の台車のリンク

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.