鉄道ホビダス
  • TOP
  • 台車近影
  • TR51C / JR西日本キハ47形“瀬戸内マリンビュー”

TR51C / JR西日本キハ47形“瀬戸内マリンビュー”

 
7:TR51C
 DT22/TR51系台車はそれまでのDT19/TR49に代わる気動車用台車として電車用のDT21をベースに開発され、1957(昭和32)年登場のキハ55系増備車、翌年登場のキハ20系増備車から採用された、国鉄気動車用台車のロングセラーである。キハ58、35、45、そして40の各系列を中心に広く採用され、さらに国鉄末期にはその廃車発生品がキハ54などの新製気動車にも活用された。現在も全国各地で活躍している。
 このTR51Cは1977(昭和52)年に登場したキハ40系の付随台車。キハ40系では、寒地向けには雪対策のため枕バネに空気バネを使用した新系列DT44TR227(後に軸箱支持を円筒 案内式としたDT44A/TR227Aに変更)が採用されたものの、暖地向けであるキハ40形2000番代およびキハ47・48形0・1000番代では引き続きDT22系の改良型が採用となり、形式はDT22D/TR51Cとされた。
 写真はキハ47形改造の呉線用観光列車“瀬戸内マリンビュー”のもの。
軸箱支持:軸箱守(ウイングばね) 枕ばね:コイルばね
写真:2005.9.26 広島運転所 RM(新)
setouchi
キハ47形“瀬戸内マリンビュー”
キハ47 7001(←キハ47 3002←キハ47 1003)
キハ47 7002(←キハ47 2011←キハ47 193)
「ええじゃん広島県デスティネーションキャンペーン」に合わせ、2005年10月1日より広島-呉-三原間で運転開始(RailMagazine267号参照)。
setouchiita1.JPG
2005.9.27作成/2006.4.14更新

LINK
これまでに収録した国鉄形式の気動車用台車
これまでに収録したJR西日本の台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.