鉄道ホビダス

KO / 上毛電気鉄道デハ100形

 
435:川車KO
KO(デハ101)
軸距:2150mm 車輪径:865mm 軌間:1067mm
軸箱支持:軸箱守(釣合梁) 枕ばね:コイルばね

 1928(昭和3)年、上毛電気鉄道開業に合わせて川崎車輌で製造された上毛電気鉄道デハ100・デハ二50形電車の台車。一見、標準的な釣合梁を持つボールドウィン型台車のようだが、中央の枕ばねに重ね板ばねではなくコイルばねを採用した、当時としては非常に先進的な台車。また、軸受も製造当初はコロ軸受を採用したが、これは部品供給の関係で後に平軸受に変更されている。
A DEHA-100 type train of Jomo Denki Tetsudo. A 1928 debut.
全般検査を完了、パンタグラフや足回りなどが黒色に変更され、見違えるほど引き締まった印象になったデハ101号。11月9日には大胡電車庫で開業80周年イベントが、また11月2日からは臨時列車として運行される予定である(詳しくはこちらを参照)。 2008.10.3 大胡電車庫 P:RM(K)

デハ101号についてはRailMagazine303号で詳しくご紹介しています。

2008.10.20作成

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.