鉄道ホビダス

因美線の最近の記事

ローカル線気動車を俯瞰する
ota_101110_kiha.jpg
2010.11.6
西田達哉(奈良県)

【ガイド】優等列車の運転が廃止された因美線は、極めて運転本数が少ない超ローカル路線の一つであるが、ロケーション的には非常に良い場所が点在している。作例は14時19分ごろ通過のキハ58系気動車で運転された「みまさかスローライフ列車」であるが、普段はキハ120系の単行で運用されている。午前が順光で、午後になると智頭行き列車の正面には陽は当たらない。

【レンズ】300mm

【アクセス】那岐駅を出て橋を渡ったところを右折し、すぐに国道53号への道を上がる。国道を東方向へ400mほど進むと因美線を見通せる橋があるので、その高台がポイント。那岐駅から徒歩約15分。車なら中国自動車道美作ICから約30分。

【国土地理院1/25,000地形図】大背

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

針葉樹路林をバックにローカル線気動車を美しい順光で
ota_101108_.kiha.jpg
2010.11.6
西田達哉(奈良県)

【ガイド】優等列車の運転が廃止された因美線は、極めて運転本数が少ない超ローカル路線の一つであるが、ロケーション的には非常に良い場所が点在している。作例は14時55分ころ通過のキハ58系気動車で運転された「みまさかスローライフ列車」であるが、普段はキハ120系の単行で運用されている。津山行きの列車に対して午後が順光となる。

【レンズ】90mm

【アクセス】那岐駅を出て橋を渡ったところを右折し、小学校を越えたところで再度橋を渡った東方向の田んぼがポイント。那岐駅から徒歩10分。車なら中国自動車道美作ICから約30分。


【国土地理院1/25,000地形図】大背

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

早朝の因幡路、キハ47系4連を狙う
kiha47nDSC_2523.JPG
2009.4.19
濱井洋輔(岡山県)
【ガイド】因美線の智頭以南は主にキハ120が活躍しているが早朝の那岐行653D、折り返しの鳥取行654Dはキハ47系の4輌編成で運転されており春から夏にかけて朝日を浴びる走行シーンを撮影出来る。作例は鳥取行きで順光、対面アングルからは那岐行きも撮影出来るが正面は陰となる。尚、智頭以北では日中でもキハ47の2連が主に活躍しており併せて訪れてみたい。

【レンズ】60mm

【アクセス】土師駅を出て鳥取寄りにある最初の踏切手前を右折すればこのポイントが開ける。駅から至近でお手軽。中国自動車道津山ICから国道53号線を鳥取方面へ約40分。

【国土地理院1/25,000地形図】大背

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

因美線/知和─美作河井

「みまさかスローライフ列車」那岐行の撮影地
DSC_0038.jpg


山本秀一(京都府)
2007.5.5

【ガイド】11月9~11日に運転される「スローライフ列車」の智頭行きを手軽に撮影出来るポイント。大賀原トンネルを出て松川橋梁を渡る列車を狙う。バックが山なので、紅葉入れて撮影が出来ると思われる。なお、橋げたの下方には道路があり、駐車車輌やガードレールなどが目立つ、晴れれば逆光にもなるので注意してもらいたい。「スローライフ列車」運転時には、現地付近には、臨時駐車場が設置されているので駐車に困らない。運転時刻はJR西日本ホームページに掲載。

【作例使用レンズ】85mm

【アクセス】因美線美作河合で下車、川を越えて県道を左折、10分程度で鉄橋に着く。車なら中国道津山インター下車、国道53号線を鳥取方面へ、野村交差点を県道6号線へ、線路沿いをそのまま併走して行く。インターから20分

【国土地理院1/25,000地形図】美作加茂

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

因美線/那岐─美作河井

「みまさかスローライフ列車」津山行き

DSC_0053.jpg

山本秀一(京都府)
2007.5.5

【ガイド】 この秋の11月9~11日に、再び国鉄色キハ28・58系2輌による「みまさかスローライフ列車」が運転される。鳥取県側・物見越えの有名撮影地、物見トンネルに入る手前の集落にて、25‰を喘ぎながらS字カーブを登ってくるシーンを狙える場所。スチールもいいが、ぜひともビデオ撮りにも挑戦していただきたい。周辺道路は、大変狭いので通行や駐車には十分配慮したい。地点の背後にグランドと畑があり、俯瞰が出来そうな感じであるが、私有地なので無断で入らないようにして欲しい。正面順光。

【レンズ】50~85㎜

【アクセス】因美線那岐駅から徒歩で50分強、出来る事なら智頭駅などからタクシー利用が良い。中国道津山インター下車、国道53号線を北上、黒尾峠を越えて下りてくると那岐駅方面の看板があり、駅方面へ進入してすぐ、駅へは行かず左折して線路沿いをたどっていく。インターから50分程度。

【国土地理院1/25,000地形図】大背

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.