鉄道ホビダス

  • TOP
  • お立ち台通信―鉄道写真撮影地ガイド データベース

★お知らせ★

ブログ「お立ち台通信」の2011年以降の記事はこちらに移行いたしました。

恐れ入りますが、ブックマークの追加・変更をお願い申し上げます。

山陰本線/高津-綾部

終焉迫る183系を撮る
ota_101228_183.jpg
2010.12.17
金治雄紀(京都府)

【ガイド】終焉が迫る183系を比較的本数の多い複線区間でお手軽に撮影できるポイント。単独編成の「たんば」も撮ることが出来る。上下あわせて1時間に2本撮ることが出来、早朝からお昼前までが完全順光となる。また、お昼から夕方にかけては振り返っての撮影が順光となる。

【レンズ】105mm

【アクセス】山陰本線綾部駅南口を出て、線路際の道を500mほど進み一つ目の踏切。徒歩3分。車なら舞鶴若狭自動車道綾部ICから約10分

【国土地理院1/25,000地形図】綾部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

総武本線/物井-佐倉

トンネルを抜けてきた列車をアウトカーブで撮影
ota_101221_113.jpg
2010.9.12
齋藤大暉(千葉県)

【ガイド】物井-佐倉間でトンネルを絡めた撮影地は物井側から夕方に撮影するアングルが有名だが、こちらはトンネルの佐倉側のポイント。トンネルを抜けてアウトカーブに入る列車を撮影することができる。ここでは置き換えの進む113系のほか「成田エクスプレス」や鹿島貨物も狙うことができ、午前中が順光となる。

【レンズ】480mm

【アクセス】佐倉駅南口を出たら右折。突き当りを右折し線路沿いに400mほど進んだ踏切付近が撮影地。駅から徒歩で15分弱程度。車なら東関東道佐倉ICより約4km

【国土地理院1/25,000地形図】佐倉

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

紀勢本線/新鹿-波田須

オーシャンブルーの新鹿湾をバックに走る紀勢本線
101213_ota.JPG
2010.7.17
濱井洋輔(岡山県)

【ガイド】オーシャンブルーの新鹿湾、緑豊かなバックの山並み、夏に是非訪れたいロケーDD51牽引の貨物列車2088レも撮影可能。なお、新鹿周辺は高速道路建設に伴いトラックが頻繁に走っているので徒歩でのアクセス、車の駐車、ともに十分気をつけて欲しい。

【レンズ】50mm

【アクセス】新鹿駅の尾鷲寄りにある線路のガード下を潜り300m程行き左上にそれる道へ入る。約1.5㎞ほどで左眼下に作例構図が開ける。紀勢自動車道紀勢大内山ICから国道42号線~311号線経由で2時間程度

【国土地理院1/25,000地形図】賀田

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

予讃線/国分-讃岐府中

讃岐を走るEF65牽引貨物列車を順光で編成撮り
ota_101216.JPG
2010.9.19
濱井洋輔(岡山県)

【ガイド】駅から至近で午後のEF65牽引3079レ列車が順光で撮れるポイント。背後の建築物を編成で上手く隠すのがコツ。交通量は少ないが立ち位置の車道は狭いので邪魔にならないように配慮したい。

【レンズ】60mm

【アクセス】讃岐府中駅の高松寄りにあるカーブ下の道路から。駅から至近。車なら瀬戸中央自動車道坂出ICから20分程度。

【国土地理院1/25,000地形図】白峰山

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

山手線/目黒-恵比寿

山手線E231をローアングルから狙う
ota_101215_E231.jpg

2009.9.20
泉山武士(埼玉県)

【ガイド】駅撮り以外のポイントが少ない山手線をローアングルから撮影できるS字カーブがきれいなポイント。作例では編成後部がギリギリ切れているが、50mm程度のレンズなら11輌最後部まで収まりそう。午前中が順光。高いフェンス越しの撮影となるためレンズ径の小さいコンパクトデジカメを使う等の工夫が必要。都内の狭い住宅地なので、車での訪問には不向き。

【レンズ】80mm

【アクセス】目黒駅東口を出て線路沿いを恵比寿方面に歩いて約10分。首都高速2号線目黒ランプから約1km

【国土地理院1/25,000地形図】東京西南部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

山口線/長門峡-渡川

SL「やまぐち」号をインカーブから撮る
ota_101214_c57.jpg
2010.8.14
大平雅明(愛知県)

【ガイド】長門峡周辺の撮影地としては、駅発車直後の阿武川橋梁が有名であるが、そこから津和野寄りの区間でも撮影可能。数年前に築堤の電柱が撤去されたため、アングルが広がった。SLやまぐち号は駅発車直後であり、観光客も集まるため、煙が期待できる。線路と撮影場所の間に柵などはないため、十分に安全を確保した上で撮影に臨んでほしい。

【レンズ】70mm

【アクセス】長門峡駅から国道9号線を渡川方面に300mほど進むと阿武川を渡る。橋を渡った直後に鉄橋をくぐる道があるので右折し、線路沿いを100mほど進む。線路に近づく農道が左手にあり、これを進むと撮影ポイントに着く。駅から徒歩15分。車なら中国自動車道山口ICより約40分。

【国土地理院1/25,000地形図】長門峡

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

奥羽本線/大釈迦-鶴ヶ坂

有名な上り俯瞰地で下り列車を撮影する
3-1 20090112_D22_3579_1.jpg

2008.1.12

【ガイド】下りは日中は逆光で午後遅くにサイドに日が当たる程度。曇りや雨の日の撮影に適している。積雪期は雪の反射を利用するのも手である。下り「日本海」は8時15分ごろ、下り「あけぼの」は9時40分ごろに通過する。有名な上り列車の撮影ポイントは午後4時頃からサイドにも日が当たる完全順光になる。6~7月は上り「あけぼの」も露出十分で撮影可能。

【レンズ】90mm

【アクセス】鶴ヶ坂駅を出て目の前の道を大釈迦方面へ30分ほど。車なら東北自動車道浪岡ICから約10分。近くにかなり広い駐車帯のようなところがある。

【国土地理院1/25,000地形図】大釈迦

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

予讃線/新居浜

冬季限定!新居浜駅構内に停車するEF65〔岡〕をバルブする
101210065.jpg
2010.11.5
山田 優(香川県)

【ガイド】日の入りが早い冬季限定で、新居浜駅構内に停車する、岡山機関区EF65牽引の3076レをバルブ撮影することができる。新居浜駅発は18寺16分。線路横の細道からの撮影となる。車の通行はほとんどないが、通行の妨げにならないよう十分注意して撮影するようお願いしたい。

【レンズ】約150mm(35mm換算)

【アクセス】JR予讃線新居浜駅より約200m。駅より川之江方面の1つ目の踏切を渡ってすぐ。車なら松山自動車道新居浜ICから約3.5km。

【国土地理院1/25,000地形図】新居浜

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

鹿児島本線/遠賀川-海老津

緑バックに午後の下り列車が狙える撮影地
ota_101116__ef81.JPG

2010.10.30
中司朔良(兵庫県)

【ガイド】遠賀川-海老津間の線路北側に広がる住宅地「高陽団地」の線路沿いの道路から、下り列車を狙うアングル。作例は当地を16時少し前に通過する7053列車で、残念ながら陽に恵まれなかったが、夏場の夕方なら、晴れれば順光となる。冬場は比較的早い時間から線路に影が落ちるので、曇天日向きと割り切って、上下列車を狙うのが良いかも知れない。

【レンズ】40mm

【アクセス】海老津駅下車。線路北側の道路を遠賀川方向へ。約1.2kmで、アウトカーブが見下ろせる地点に到達する。車なら国道3号線「バイパス東」を南へ。住宅街を向けると線路北側に至る。

【国土地理院1/25,000地形図】折尾

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.