鉄道ホビダス

RMライブラリー『特急「白鳥」』完成

RML216_2-3p.jpg
▲日本海に沿って遠く離れた大阪を目指す4002D「白鳥」。 1972.6.1 吹浦-小砂川 P:久保田久雄

20170724152323-3e8036a3212accaaa8cebac3b8715c6ca3826f1a.jpg 今月のRMライブラリーは三宅俊彦さんによる『特急「白鳥」-運転史で振り返る55年の軌跡-』お届けします。
 今では、旅客に関しては航空機利用が主流になった関西~北海道間の交通ですが、それまでは北陸本線・羽越本線・奥羽本線のいわゆる「日本海縦貫線」の鉄道利用がその主役でした。その日本海縦貫線を走る初の特急として1961(昭和36)年10月ダイヤ改正で誕生したのが、「白鳥」です。それまで、大阪~札幌間は到達時間は、急行「日本海」~連絡船11・12便~急行「大雪」の連絡による35時間52分が最速でしたが、「白鳥」は連絡船1・2便を介して同時にデビューした特急「おおぞら」との連絡により25時間20分とし、実に10時間32分という驚異的なスピードアップを実現したのです。また、当初の「白鳥」は大阪~上野間でも運転され、大阪~直江津間では両編成を併結して運転するという、珍しい運転形態が採られました。もちろん大阪~上野間を北陸経由で直通する乗客が多いわけはなく、関東~北陸間と北陸~関西間の2つの旅客需要を1本にまとめた、という性格のものでしたが、これはその後上野~金沢間の「はくたか」として分離されました。

RML216_14-15p.jpg
▲キハ80系で運転開始された特急「白鳥」。最長時は大阪~新潟間で14輌という堂々たる編成であった。

 車輌はこの改正でデビューしたキハ82形を先頭車としてキハ80系の量産車でした。この改正では「白鳥」のほかに「おおぞら」「つばさ」「まつかぜ」「かもめ」「みどり」「へいわ」など関東・関西と各地を結ぶ特急列車がキハ80系により運転開始され、全国での特急運転が本格化した改正でもありました。
 運転開始から11年後の1972(昭和47)年には羽越本線の全線電化完成により「白鳥」も485系電車化。当初はグリーン車2輌を連結した専用の編成とされました。ちなみに直流、交流50ヘルツ、交流60ヘルツのいずれの電源にも対応した3電源方式が485系の485系たる理由でもありますが、1本の特急列車でこの3電源すべてを生かしたのは、この「白鳥」が唯一でした。

RML216_26-27p.jpg
▲485系電車化後も約14時間の行程におけるオアシス的存在であった食堂車。しかし1985年3月改正で他の在来線昼行特急列車と同様に外されてしまった。 

 本書は、大阪~青森間の「白鳥」が終焉を迎えつつあった2001(平成13)年に、『レイル・マガジン』209号で発表された「「白鳥」40年の軌跡」をベースに、加筆・修正とともに新たな写真を加えて再構成し、大阪~青森間での運転時代を中心に、運転史の側面からその軌跡を振り返るものです。日本の在来線昼行特急における最長距離ランナーとして記憶にも記録にも残る「白鳥」。ぜひお手に取ってご覧ください。

RML216bn.jpg

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.