ニュース

「万博鉄道まつり2013」開催

2013.03.13

 3月23日(土)と24日(日)の2日間、万博記念公園で「万博鉄道まつり2013」が開催される。

 昨春に続き2度目の開催となるが、今回は、著名な鉄道模型愛好家の原信太郎氏が自ら製作した鉄道模型約40点をはじめ、膨大な鉄道関連コレクションの一部など、本邦初公開の模型を含め特別公開する「原信太郎とスーパー鉄道の世界」を鉄道まつりに先駆け、3月16日(土)から24日(日)まで開催するほか、関西を中心とした大手鉄道会社をはじめ、公共交通機関事業者やバス会社等が多数参加する日本最大級の屋外鉄道イベントとして開催する。



■開催日時
 
 2013(平成25)年3月23日(土)、24日(日) 9:30~16:30 ※小雨決行・荒天中止



■会場

 万博記念公園 自然文化園 お祭り広場、東の広場、上の広場、下の広場、

 EXPO’70パビリオン



■入園料

 大人250円、小中学生70円

 ※プレミアムゾーン(EXPO’70パビリオン)入館料

  大人500円、小中学生100円(別途自然文化園の入園料は必要)



■内容

①メインゾーン(場所:お祭り広場)

★鉄道会社による鉄道オリジナルグッズの販売及び展示

 関西の5私鉄をはじめとした鉄道会社各社による鉄道オリジナルグッズの販売・展示を行なう。「万博鉄道まつり2013」の限定販売もある。



★ステージコーナー

・鉄道アイドル斉藤雪乃さん登場

・鉄道部品のチャリティーオークション

 JR貨物の機関車「EF66製造銘板」などの鉄道部品のほか、ガンバ大阪の遠藤選手のサイン入り練習着など、20品以上が出品予定

 ※チャリティーオークションの売上金は、日本赤十字社(大阪支部)を通じて寄付する

・鉄道会社のキャラクター、吹田市のゆるキャラ「すいたん」、キティちゃん(23日のみ)も登場

・鉄道をテーマにした楽曲演奏など



■ミニ新幹線、ミニ阪急電車の乗り物コーナー



■子ども駅員服の撮影コーナー

 阪急電鉄や南海電気鉄道など6社の子ども用駅員服を着て、それぞれの電車の写真パネル前や、本物の阪急バスの前で記念撮影ができる。



②旅情ゾーン(場所:東の広場)

■鉄道会社のブース出展

・東北から山陰、四国、九州まで「鉄道に乗って全国を旅してみたい」という旅ごころが随所にあふれている

・三陸鉄道グッズ、余部鉄橋の撤去鋼材からレアグッズも登場!

・かつて東洋一と言われた吹田操車場から今年で90年、JR貨物のお宝グッズ、貴重なヘッドマークやナンバープレートの展示他、実際に使われていた運転台でのジオラマ操作、信号場信号制御盤、電車のパンタグラフも体験できる



■ミニSLの乗り物コーナー

 本物と変わらない迫力満点のミニSLで旅気分が味わえる。



■駅弁コーナー

 新幹線弁当、アンパンマン弁当、ドクターイエロー弁当など子どもに人気のキャラクター弁当をはじめ、日本各地の美味しい駅弁がずらりと並ぶ。



■北海道うまいもん市



■B級グルメコーナー



③プレミアムゾーン(場所:EXPO’70パビリオン)

■万博鉄道まつり2013同時開催イベント「原信太郎とスーパー鉄道模型の世界」

 著名な鉄道模型愛好家である原信太郎氏が自らの手で製作した鉄道模型をはじめ、膨大な鉄道関連コレクションの一部を特別公開。本邦初公開の鉄道模型も登場する。



○日時

 2013(平成25)年3月16日(土)~24日(日) ※21日(木)は休館

 10:00~17:00(入館は16:30まで)



○展示内容

・原信太郎氏の紹介パネル

・原氏の数ある旅路の中で実際に撮影された写真展示(約60点)や映像放映

・原氏自身が製作した鉄道模型(約40点)

・鉄道模型製作の過程など

 総点数約120点を展示



○入館料

 大人500円 小中学生100円(別途自然文化園入園料が必要) ※再入館不可



■世界の鉄道コーナー

 スイス政府観光局、ドイツ観光局、レイルヨーロッパより提供の世界の鉄道のパネル展示。DVDの視聴コーナーもある。



■その他

・130年の歴史を持つスウェーデン玩具メーカー「BRIO」の鉄道玩具展示・販売

・鉄道模型とジオラマの大型複合ショップ「オンザレイル」の小さなジオラマ展示(60cm×40cm)

・鉄道風景画家「松本忠」個展~日本の鉄道抒情~



④世界のグルメゾーン(場所:下の広場)

 世界11カ国のグルメ屋台が集合する。



⑤わくわくキッズランド(場所:上の広場)

 玩具やふわふわなど愉快なアイテムを用意(各コンテンツは利用料が必要)。



■事業主体

○主催

 独立行政法人日本万国博覧会記念機構



○共催

 一般社団法人吹田にぎわい観光協会



○後援

 近畿運輸局、近畿地方整備局、近畿経済産業局、吹田市、JR西日本、JR四国、

 JR九州、JR貨物、関西鉄道協会



○協賛

 一般社団法人関西環境開発センター、株式会社ECC



○協力

 スイス政府観光局、ドイツ観光局、Rail Europe Japan



○出展社

 JR西日本、JR四国、JR九州、JR貨物、関西鉄道協会、大阪高速鉄道、

 大阪市交通局、大阪府都市開発(泉北高速鉄道)、北大阪急行電鉄、近畿日本鉄道、

 京阪電気鉄道、南海電気鉄道、能勢電鉄、阪堺電気軌道、阪急電鉄、阪神電気鉄道、

 和歌山電鐵、一畑電車、近江鉄道、北近畿タンゴ鉄道、三陸鉄道、兵庫県交通政策課、

 阪急バス、大阪空港交通

 その他、協賛出展・物品販売ブースなど多数


詳しくはこちら(PDF形式/チャリティーオークション出品予定リストあり)


独立行政法人 日本万国博覧会記念機構 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加