特集・コラム

初の4連仕様! JR東日本E131系 相模線仕様報道公開!!

2021.09.22

text & photo:RM
取材日:’21.9.22 場所:国府津車両センター
取材協力:東日本旅客鉄道横浜支社

 JR東日本では、E131系の3種目のバリエーションとして相模線に投入される500番代を報道公開した。

▲現行の205系500番代から引き継いだ、ブルー系2色のラインカラーとなるE131系500番代。

基本仕様
 E131系は、房総地区用に2連仕様(1M1T)、宇都宮線・日光線用に3連仕様(2M1T、ただし中間車は0.5M仕様なので、いわば1.5M1.5T)が登場していたが、今回の相模線用は初の4連仕様(2M2T)となる。ただし編成組成は従来の205系の〔Tc+M+M’+T’c〕と異なり、〔Mc+T+M+T’c〕となっている。E131系は動力車がユニットを組む2M方式でなく1M方式であるからだ。

車体外観

▲前面窓下部分に、E131系共通のデザインモチーフである水玉があしらわれている。

 外観はラインカラーを除いて既存のE131系他番代と大きな変更はなく、半自動扉スイッチ、車外スピーカー、ホームモニタカメラを装備している点も踏襲されている。行先表示器はフルカラー式を採用。

室内
 オールロングシートで、WCを装備しないのは205系時代と同様だ。

▲車内はオールロングシート。

▲通常の座席の座面は青色系となっている。

▲先頭車の連結面側車端部は、優先席とフリースペースとなっている。

中間車は優先席部とフリースペース部を前後に分けて配置。

▲乗降扉上部の1基の17インチ車内案内表示器は、千鳥状配置(1両につき4画面)。

▲相模線は併結運転は行わないが、E131系他番代と同様の貫通式が踏襲された運転台。

運用開始について
 2021年11月18日(木)より、順次運転開始となる。導入予定両数は4両×12編成の計48両で、2021年度中に全数導入の計画。投入線区は相模線(茅ケ崎~橋本)のほか、朝夕一部のみ、横浜線八王子まで直通する。

▲写真はクハE130形を先頭に見た編成状態。

関連記事
🔶11月18日(木)デビュー! 相模線E131系営業運転開始!
🔶相模線新型車両! E131系を投入!
🔶JR東日本E131系 宇都宮線・日光線仕様報道公開!!
🔶房総地区のニューフェイス! E131系報道公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加