特集・コラム

房総地区のニューフェイス! E131系報道公開

2021.02.18

取材日:’21.2.18
場所:幕張車両センター

text & photo:RM
取材協力:東日本旅客鉄道千葉支社

 JR東日本千葉支社は、3月のダイヤ改正より房総地区でE131系を運用開始する。その報道公開が2月18日に幕張車両センターにて行われた。このE131系は2両編成となっており、クモハE131+クハE130の1M1Tで構成されている。また、側面の乗降確認カメラなどワンマン運転を考慮した設備が設けられている。

■外観

▲側面は内陸を彩る菜の花の色をイメージした黄色の帯と房総の海をイメージした青色の帯を、前面は波しぶきをイメージした水玉模様のデザインを採用。

 

■車内

 車内は、セミクロスシートが採用されており、車端部寄りの一区画にボックスシートが設けられているほか、ワンマン運転に対応した設備が備えられている。

▲セミクロスシートが採用された車内。

 なお、運用区間は内房線の木更津~安房鴨川、外房線の安房鴨川~上総一ノ宮、鹿島線の佐原~鹿島神宮を予定している。

■関連記事
🔶3月上旬に新型車両「E131系」の展示会を開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加