特集・コラム

9月の鉄道のデキゴト「地下鉄南北線と三田線、目黒まで延伸(2000年)」

2021.09.16

text:RM

珍しい、メトロと都交の共用区間も発生

 「○月の鉄道のデキゴト」は、当月にあった過去の鉄道の「デキゴト」(路線の開通や車両の新製・廃車、そのほかの事件など)を振り返るコーナーです! ティーブレイクにでも気軽にお楽しみください。

▲南北線で活躍する車両が、イベントで勢揃い。左から、東京メトロ9000系、埼玉高速鉄道2000系、東急3000系。
‘15.10.24 埼玉高速鉄道 浦和美園車両基地 P:福田智志(鉄道投稿情報局より)

 今回は、21年前となる2000年9月26日のデキゴトから振り返ってみましょう。この時に、営団地下鉄(現・東京メトロ)南北線の溜池山王~目黒間、および東京都交通局三田線の三田~目黒間が延伸開業し、共に東急目黒線への相互乗り入れを開始しました。

■関連記事
🔶8月の鉄道のデキゴト「東急・目黒線の誕生(2000年)」

▲南北線開業時に登場した営団(現・東京メトロ)9000系。当初は4連だった。P:RM

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加