特集・コラム

8月の鉄道のデキゴト「東急・目黒線の誕生(2000年)」

2021.08.23

text:RM

■ああ、目蒲線…多摩川駅を境に、目黒線・東急多摩川線に路線分割

 「○月の鉄道のデキゴト」は、当月にあった過去の鉄道の「デキゴト」(路線の開通や車両の新製・廃車、そのほかの事件など)を振り返るコーナーです! ティーブレイクにでも気軽にお楽しみください!

▲東急線における3000系列旧型車の一般運用最終日。平成の時代を迎えたとは思えないような光景が繰り広げられていた。
 ’89.3.18 東京急行電鉄目蒲線 奥沢 P:水野宏史 

 さて初回となる今回は、21年前となる2000年8月のデキゴトから振り返ってみましょう。鉄道ホビダス編集部のある目黒駅が起点の東急電鉄の目黒線(目黒~田園調布、営業上の区分は目黒~日吉)が「誕生」したのがこの月のことでした。

▲地上時代の目蒲線目黒駅。1番線ホーム(左側)の中央付近には山手線への乗り換え通路が存在していた。 
‘89.3 東京急行電鉄目蒲線 目黒 P:水野宏史

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加